ライフ

超名門クラブで城山三郎さんが口にした「あまり右に行くなよ」の戒め

江上剛氏が作家・城山三郎との思い出を振り返る(写真/共同通信社)

江上剛氏が作家・城山三郎との思い出を振り返る(写真/共同通信社)

 三密が避けられることもあって、令和の世ではゴルフが再ブーム。そして、昭和の時代もゴルフは大人気だった。作家・城山三郎さんは、文壇のコンペで80前後のスコアでラウンドする腕前の持ち主だった。ホームコースは会員が300人しかいない超名門「スリーハンドレッドクラブ」。そこで一緒にプレーした時の思い出を作家・江上剛氏が明かす。

 * * *
 城山先生に連れて行っていただいた「スリーハンドレッドクラブ」で、スタート前にキャディバッグを見ると、クラブにカラフルなヘッドカバーがついていたんです。イメージと少し違ったので、私が「華やかですね」と言うと、城山先生はキャディさんたちのほうを見ながら「君たちからのプレゼントなんだよね」ととても嬉しそうな顔をされていました。

 奥様を亡くされた城山先生を元気づけようと考えたキャディさんたちからの贈り物だというのですが、彼女たちは「城山先生は人気者ですから」と笑顔で説明する。そのやり取りを見ているだけで、城山先生が〝愛されるゴルファー〟であることが私にもよく分かりました。

 ティショットを打ってプレーが始まると、カートには一切乗らない。超名門クラブだけあって、メンバーにはご高齢の方が多くて、ほとんどの人がカートに乗るそうですが、城山先生は例外でした。斜面だろうが、アップダウンがあろうが、ずっと歩いておられた。「健康のためだから」と特別なことではないといった様子でしたが、「足が痛くても、疲れていてもカートには絶対に乗らないんだよ」とおっしゃっていました。

〈超名門だけに、何度か一緒にラウンドするなかで江上氏は思わぬ〝大物〟にも遭遇したという〉

 一度、都知事時代の石原慎太郎さんが前の組でプレーされていたことがありました。カートを勢いよく飛ばしてひとりでラウンドしていた。城山先生とは対照的なスタイルでしたね。

 城山先生とはプレー中はあまり会話をしませんが、ホールアウト後はレストランで先生が好きな赤ワインを飲みながらいろんな話をしました。当時の社会問題であったり、小説の話だったり。たまたまその日は城山先生が「(石原)慎太郎がひとりで来ているから呼ぼうか」と言って、声を掛けると石原さんがやってきたんです。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン