国内

がんステージIVのママが娘に遺した日記 宝物だった「家族3人の愛しき日々」

あああああ

24才でこの世を去ってしまった和(のどか)さんが娘さんのために遺した記録

 21才でステージIVの大腸がん宣告。22才で結婚。23才で出産。闘病を続けながら、娘を全力で愛した──この9月に24才でこの世を去ってしまった彼女は、未来の娘のために、日記を綴り続けていた。

 9月8日14時11分、本誌・女性セブンが密着を続けてきた遠藤和(のどか)さんが、ステージIVの大腸がんとの闘病の末に、息を引き取った。24才だった。
 
 和さんは生まれ育った青森での葬儀を望んでいたという。夫の将一さんの話。

「地元の知り合いだけでなく、インスタグラムや『女性セブン』などを通じて和のことを知ってくださった、たくさんのかたがたに弔文をいただきました。和も喜んでいたと思います。

 これまでにいただいたお手紙は、全部持っていきたいと和が話していたので、大好きなひまわりと一緒に、すべて棺に入れました。ぼくたちが前に進めたのは、皆さんの応援があったからです。本当にありがとうございます」

 和さんは、1997年青森県生まれ。2018年9月、21才のときに大腸がんが発覚した。和さんはそのときのことを日記にこう書き記している。

〈2018年9月5日(水)
 16時頃におと(父)とまま(母)だけ呼ばれて、先生と話をした。なんかあったんだろうな。とは予想してたけど、ガンだったとは。まま号泣。おとも困ってる感じ。
 まだ21才なんだけどなあ。今日は何してても涙出るわ。受け止めきれない。〉

 同年10月、「ステージIIの大腸がん」と診断された。和さんはそのときに、抗がん剤治療は生殖機能に悪影響を与え、不妊になる可能性があるという説明を受けた。

 妊娠を諦めたくなかった和さんは、「和の体が大事だから、治療に専念してほしい」と言う将一さんと何度も話し合い、「チャンスは1回だけ」という約束で、抗がん剤治療の開始を遅らせて卵子凍結をすることを決断する。

〈2018年10月5日(金)
 私は卵だけ取るの後悔しない。それでもし再発して死ぬ事になっても死ぬ直前まで卵取ったことは絶対に後悔しないと思う。もちろん成功率は低いから、ダメかもしれないけど、やれる事は全部やったって思えるのかそうじゃないのかは全然ちがうと思う。
 遠藤さんはそれでも早く治療してほしいみたいだけど、それだけ私のこと大切に思ってくれてるのは本当に嬉しいし、ありがたい。大好きだよ。〉

和と娘のどちらかが助からないかもしれない

 2018年11月、手術の結果、和さんのがんは「ステージIV」であることが発覚した。

 末期がんの宣告を受けても、和さんと将一さんは、前を向いていた。ふたりは2019年12月に結婚。その結婚式の様子が、翌2020年2月に『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)で放送され大きな話題となった。

「『和さんの日記をまとめて本にしないか』という提案を受けたのは、この頃でした。実は去年1月に和の妊娠がわかり、そのときは出産に集中したかったので、一旦、話を保留にしました」(将一さん・以下同)

 ステージIVのがんを抱えながらの妊娠生活、そして出産は、一筋縄ではいかなかった。

関連記事

トピックス