芸能

宇垣美里&銀シャリが語る“米好き”エピソード、特製丼ぶりをガブリ

宇垣美里と銀シャリの2人

「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼」を味わった宇垣美里と銀シャリの2人

 フリーアナウンサーの宇垣美里と、お笑い芸人・銀シャリの鰻和弘、橋本直が、10月27日に開催された「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼誕生記念発表会」に出席した。

「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼」は、年々減少している米の消費量を拡大させるため、JA全農が提案。つややかな新米の上に、国産和牛やいくら、うなぎといった日本各地の最高級食材を大胆に盛り付けた丼ぶり。

「たまには欲望に身を任せ、美味しさだけを追求し、生きる手応えを感じる食体験を」という思いが込められているという。フードコーディネーターと開発したオリジナルの「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼」は、特設サイトでレシピを公開。そのほか、都内にはオリジナルの丼を提供する飲食店もある。

 このため、宇垣、鰻、橋本は“米”を意識した白い衣装で登壇した。宇垣は米が大好きだと言い、最近は米を美味しく食べるためにいくらの醤油漬けを購入。この発表会で試食があるにも関わらず「今朝もしっかりいくらを乗せて食べてきました!」と興奮気味に報告した。

 また、鰻と橋本もお米には目がない様子で、橋本は土鍋でお米を炊くこだわりを披露。さらに鰻は「ライスを置いていない飲食店は、食べずに出たこともある」と明かし、宇垣を驚かせた。橋本曰く、鰻の米好きは「ざるうどんをおかずにライスを食べていた」ほどだとか。「銀シャリ」というコンビ名になるのも納得のエピソードだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス