国内

眞子さんと小室圭さんの仮住居 1ベッドルームでも1泊7万円の超高級物件

結婚して小室眞子さんに(写真/宮内庁提供)

結婚して小室眞子さんに。現在、都内の仮住居に滞在中(写真/宮内庁提供)

 今夏の東京五輪の期間中、聖火を灯し続けた国立競技場からほど近い都心の一等地に、瀟洒な建物がある。スタッフが常駐するロビーには、季節の植物が彩りを与え、豪勢なシャンデリアが吊されている。近代美術の絵画が飾られ、シックな色合いのソファとテーブルでまとめられたラウンジでは、緑豊かな中庭を臨みながらゆったりとした時間を過ごせる。

 部屋にはコーヒーメーカーやオーブン、洗濯乾燥機といった最新の家具・家電が備え付けられ、リムジンバスやタクシーの手配、ランドリーサービスなどの手厚いサービスも付帯する。徒歩圏内に美術館や高級ブランドのショップ、レストランが建ち並び、もちろんセキュリティーは万全。

 1ベッドルームの部屋でも1泊約7万円するその超高級ウイークリーマンションが、10月26日に結婚した小室圭さんと眞子さんの“新居”だ。「セレブ中のセレブ」しか住むことを許されない超高級物件である。

「海外セレブ生活への憧れを惜しげもなく語っていた母・佳代さんから英才教育を受けた小室さんにとっては、そこに住むのは夢見心地でしょう」(皇室ジャーナリスト)

 皇籍を離脱し民間人となっても、眞子さんの生活は決して“普通”とは言い難い。実際、小室夫妻への物々しい警護体制はそのままだ。

 しかし、ふたりがそのマンションで過ごす時間はそう長くない。ニューヨークの法律事務所に就職したばかりの小室さんは、仕事に戻るために再び渡米し、眞子さんもパスポートの手配やビザの発給が済み次第、日本を離れることになる。

「複雑性PTSDの公表があったように、一日も早く環境を変えたいというのが眞子さんの本音。11月下旬頃にはアメリカに渡るとされています」(皇室記者)

※女性セブン2021年11月11日・18日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン