芸能

『名探偵コナン』100巻発売記念 著名人ファンが語る「推しカップル」

 記念すべき単行本100巻が発売された『名探偵コナン』。コナンといえば奇想天外なトリックを用いたミステリー……だけじゃないんです!“コナンファン”の有名人が厳選した、コナンの「ラブロマンス」の魅力をお届けします。

高橋愛

高橋愛が語るコナンの「ラブロマンス」の魅力

●高橋愛(35才) 私の推しカップル=工藤新一&毛利蘭
「このカップルの魅力は、蘭がコナン=新一だと気づいていないので、コナンには新一への素直な気持ちを話すことができるという関係性。1巻のFile2『小さくなった名探偵』で、蘭がコナンに「新一のことが気になっている」と話したときの、コナンの表情が好きです。さらに、71~72巻でロンドンで告白したあと、95巻の修学旅行でつきあい始めて……! 2人の関係性がどんどん変わっていくところにキュンとします」

【プロフィール】
高橋愛/女優・モデル。モーニング娘。OGメンバー。YouTubeチャンネル「高橋愛lab。」を更新するほか、ファッションブランド「fukuu」やコスメブランド「Aimmx」のプロデュースも務める。

有村藍里

有村藍里

●有村藍里(31才) 私の推しカップル=高木渉刑事&佐藤美和子刑事
「部下である高木刑事が先輩の佐藤刑事に片想いしていたところから始まった2人。2人の距離が縮まっていくにつれ、強くてカッコいい佐藤刑事がどんどん乙女になっていくところがかわいいです。76~77巻で、佐藤刑事が拉致された高木刑事を救出する際、『生きてる?渉』と、刑事としてではなく恋人として名前を呼び、さらに中継されている中でキスをしたシーンは、ひとりでキュンキュンしてしまいました」

【プロフィール】
有村藍里/タレント。今年7月にファッションブランド「rose bleue」を立ち上げ、クリエイティブディレクターを務めている。

松尾幸実

松尾幸実

●松尾幸実(34才) 私の推しカップル=高木渉刑事&佐藤美和子刑事
「高校生たちが繰り広げるじれったい恋物語を差し置いて、この2人は“ラブコメ全開”。高木刑事は一見すると『頼りない年下男性』にも見えるのですが、実は『芯の通った優しさ』を持つ男性なんです。そんな高木刑事の器の大きさ、愛情の深さを感じさせる『揺れる警視庁1200万人の人質』(36~37巻収録)は必見です。これからも、もっと高木刑事たち警察がフィーチャーされることに期待しています!」

【プロフィール】
松尾幸実/モデル。2013年のミス・ユニバース日本代表。モデル業の傍ら漫画を描き、関西のローカル誌などに4コマ漫画やイラストを提供するほどの漫画好き。

田辺智加

田辺智加

●田辺智加(38才) 私の推しカップル=服部平次&遠山和葉
「『もう絶対お互い好きなのになんなの! 早くつきあっちゃいなよ!』と思わせてくれる、もどかしい2人です。単行本47巻で、和葉ちゃんが新一のことを『賢い』って褒めた後の平次の表情がとても好きです。嫉妬でイラついて推理に集中できなくて、でも何でイラついているのか自分ではわからずモヤモヤする平次に『ガキだな』って言うコナンくん……の流れが最高ですね。この、天然でニブい感じが“むずキュン”なんですよ」

【プロフィール】
田辺智加/芸人。女性お笑いカルテット「ぼる塾」のボケ担当。現在『ラヴィット!』(TBS系)、『ぼる塾のいいじゃないキッチン』(テレビ朝日系)などにレギュラー出演中。

松居直美

松居直美

●松居直美(53才) 私の推しカップル=京極真&鈴木園子
「園子ちゃんは財閥のお嬢様。私は不純にもその境遇に惹かれてしまいますが、京極さんはずっと誠実。園子ちゃんのピンチには必ず駆けつけて守ってくれる、というところがカッコいいんです。私自身も、京極さんが好きなのかもしれないです……(笑い)。『コナン』はとにかく大好きで、これからもずっとずっと続いてほしい! 願いはそれだけです」

【プロフィール】
松居直美/タレント。『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)にレギュラー出演中。4月には氣志團・綾小路 翔の楽曲提供で、山本譲二とのデュエット曲『事実は小説よりも奇なり』をリリース。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン