スポーツ

中田翔スタメン起用をスポーツ報知も疑問視 原監督のCS采配どうなる?

原監督はCSで中田翔をどう起用するのか?(時事通信フォト)

原監督はCSで中田翔をどう起用するのか?(時事通信フォト)

 8月29日に首位に浮上したものの、9月以降負けが込み、セ・リーグ3連覇を逃した巨人。終盤の大失速で一時は4位・広島に2.5ゲーム差まで迫られ、クライマックスシリーズ(以下、CS)進出も危ぶまれたが、なんとか3位に滑り込んだ。11月6日からのCSファーストステージでは甲子園球場で2位の阪神と対戦する。

 はたして巨人はCSでどう戦うのか、注目が集まっている。プロ野球担当記者が話す。

「原辰徳監督がどうチームを立て直すか。なかでも、巨人移籍後も打率1割5分4厘、3本塁打の不振に終わった中田翔をスタメンで起用するかどうかに注目が集まります」(以下同)

 8月20日に日本ハムから無償トレードで移籍した中田は翌日に一軍登録され、翌々日にはスタメンで2ランを放ったが、以降は打てず、2度の登録抹消を味わった。

「安定感抜群の守備は買えますが、中島宏之やウィーラーを差し押さえてまでファーストのスタメンを張るほどの成績は残せていない。“実力至上主義”を謳う原監督が打てない中田にこだわることで、中田自身も苦しんだでしょうし、控え選手にも不満が溜まったはず。2年前の就任会見で、『巨人軍は個人軍であってはならない』とチームへの忠誠を求めた指揮官が不調の中田を使い続ければ、選手が動揺するのは当然です」

 2度目の二軍落ちから再々昇格となった10月12日以降の9試合で、中田は7試合に先発出場。代打の2試合を含め、打率1割8分5厘、1本塁打、2打点と打棒復活とはいかなかった。

「原監督は昨年のパ・リーグ打点王である中田の素質に期待しているのかもしれませんが、全く結果が出ていない。5番や6番で使われていますが、中軸を任せられる働きはできていない。最近は、巨人の親会社である読売新聞の関連会社のスポーツ報知でさえ、中田のスタメン起用を疑問視する声を紹介しています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン