国内

眞子さん“個人の意志”を尊重した結婚 今後の皇室全体に及ぼす影響

9年越しの愛を貫いた眞子さん(時事通信フォト)

9年越しの愛を貫いた眞子さん(時事通信フォト)

 夫となった小室圭さんがニューヨーク州の司法試験で不合格となり、早くも渡米生活に暗雲が垂れ込めた眞子さん。結婚関連の儀式も一時金も辞退したその決断が、図らずも皇室の分断を招いている──。

「私のことを思い静かに心配してくださった方々や、事実に基づかない情報に惑わされず私と圭さんを変わらずに応援してくださった方々に、感謝しております」

 10月26日の結婚会見で、眞子さんは真っ直ぐ前を見つめてこう話した。宮内庁担当記者が語る。

「日本国民の象徴としての皇族にあって、『変わらずに応援してくださった方』と限定して感謝を述べた眞子さんの言葉からは、“個人”としての強い意思が感じられました」

 小室圭さんの母・佳代さんの金銭トラブル報道など、激しい逆風に晒されながらも、9年越しの愛を貫いた眞子さん。だが、この結婚は皇族のものとしてはあまりにも異例ずくめだった。

 眞子さんは約1億4000万円の「結婚一時金」を辞退したが、一時金は皇室経済法が〈皇族であった者としての品位保持に充てるため〉に支給すると定めている。結婚で皇族を離脱する女性が辞退するのは、同制度ができて以来初めてのことだ。

 また、女性皇族が結婚する場合、結納にあたる「納采の儀」や結婚の日取りを伝える「告期の儀」など様々な儀式があるが、眞子さんの結婚では行なわれなかった。

 とくに関係者を驚かせたのが、天皇皇后両陛下にお別れの挨拶をする「朝見の儀」が行なわれなかったことだ。

 他の儀式と異なり、朝見の儀は両陛下が直接関わるもの。『女性セブン』(2021年11月4日号)によれば、天皇陛下の「執り行なうべき」との意向を、秋篠宮さまが押し切る形で儀式の不開催が決まったとしている。ベテラン宮内庁担当記者が語る。

「報道が事実だとすれば、天皇家の意向が秋篠宮家には及ばないことを示しています。そして両家の分断は、眞子さんの結婚を機にこれからより深まっていくことが懸念されるのです」

関連記事

トピックス