国内

小室圭さん不合格で「眞子さんの計画」は頓挫? 金銭問題解決も先延ばしか

小室圭

司法試験不合格でどうなる?(撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんが、ニューヨーク州の司法試験で不合格となったことが明らかになった。

 小室さんは、今年7月にアメリカ・ニューヨーク州の司法試験を受験。現地時間の10月29日にニューヨーク州司法試験委員会の公式サイトで合格者が発表されたが、そこに小室さんの名前はなかった。

 合格者全員の名前が公表されていたわけではなかったため、当初は“合否不明”と報じられていた。しかし、小室さんのニューヨーク留学を支援していた奧野善彦弁護士が、NHKの取材に対し、小室さん本人から不合格だったと報告を受けたと明かしたため、小室さんの不合格が確定となった。

 現在、ニューヨークの大手法律事務所に「法務助手」として所属している小室さんは、弁護士となって眞子さんとニューヨークでの結婚生活を送る予定だった。ところが、残念ながらその計画は頓挫した形だ。

「いちばんの問題は、ニューヨークでの生活費です。小室さんの法律事務所であれば、法務助手の年収は600万円程度で、弁護士であれば2000万円程度と言われています。眞子さまと小室さんが住む予定のニューヨークの新居は、家賃80万円とも言われており、法務助手の年収だけでそこに住むのはほぼ不可能。とはいえ、皇室関係者である2人はセキュリティーがしっかりしたところに住む必要があり、家賃の安い物件を選択するのは難しい。ニューヨークでの新婚生活にいきなり黄色信号が灯っている状態です」(皇室ジャーナリスト・以下同)

 秋篠宮さまは、結婚の条件の1つとして、小室さんに対し、“就職して経済的に安定すること”を挙げたとされている。

「ニューヨークで生活するならば、法務助手の小室さんは“経済的に安定している”とは言い難い。つまり、小室さんはいきなり結婚の条件をクリアできない状況に陥ってしまったわけです。秋篠宮さまとの約束を破ったような形になっている以上、経済的な安定を求めて、物価の高いニューヨークでの生活を諦め、日本で生活をするという選択肢も視野に入ってくるかもしれません」

 そもそも眞子さんの「海外に生活拠点を設けたい」という願いを受けて、小室さんはニューヨークへの留学を前倒しにした。小室さんが司法試験に合格し、充分な年収を確保してこそ、眞子さんの願いを実現できる。

 しかし、皇籍を離脱する際の一時金を辞退していることもあり、決して金銭的な余裕があるとは言えない。小室さんの年収が足りないのであれば、眞子さんが働いて、生活費を確保する形になる可能性も高い。

関連記事

トピックス