ライフ

認知症「自分がどこにいるのかわからなくなる」症状 不安にさせない対処法

どう対応する?

どう対応する?『マンガでわかる! 認知症の人が見ている世界』(文響社刊)より

 認知症になると、自分がどこにいるのかわからなくなることもある。時間と場所がわからなくなるのは脳のGPS機能の低下が原因。これにはいったいどう対処すべきなのか?

 自分の今いる時間、場所がいつ、どこなのかわからなくなるのが「時間と場所の見当識障害」である。私たちの脳にはスマートフォンのGPS機能のように日時や現在地を認識する機能が備わっている。しかし、認知症になるとその機能が低下してしまい、今が「いつ」で、ここが「どこ」なのかわからなくなるのだ。理学療法士の川畑智氏はこう話す。

「その原因の多くは自分を実年齢より若いと思い込んでしまい、昔の世界に戻ってしまうことが考えられます。男性の場合、働き盛りだった30~40代に戻るケースが多いようですが、これは認知症の不安を解消したいために、元気で充実していた古き良き時代に戻ろうとするからではないだろうかと考えられています」(川畑氏)

 健康な人でも旅先などで目覚めたとき、一瞬どこにいるのか、わからなくなることがある。あの不安な状態が続いているのだと想像することで、時間と場所の「見当識障害」が生じている認知症の人に対して、思いやりの心を持って、接することができるだろう。

 まず、その不安を取り除き、安心できるように笑顔で声をかけて落ち着かせ、本人の状態をよく見極めて話を聞くことから始めよう。このとき、同じ目線の高さで話すことも忘れずに。話を聞けば、本人が今いつの時代のどこにいるのか想像できるだろう。

「そうじゃない」と頭から否定せずに、寄り添うことが大切だ。認知症の人が見ている世界と、ケアをする人の世界のギャップを少なくするように接していくには、思いやりのある心と、豊かな想像力が必要なのである。

居眠りから目覚めたとき「働き盛りの自分」に戻っている

居眠りから目覚めたとき「働き盛りの自分」に戻っている。『マンガでわかる! 認知症の人が見ている世界』(文響社刊)より

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン