国内

抗老化研究の最前線「80~90代で40代の身体機能をキープ」の現実味

(写真/GettyImages)

若返り研究は日々進化している(写真/GettyImages)

 古今東西、若返りや不老不死は永遠のテーマだ。歴史上で、権力者たちはその権力の永続を願い、さまざまな方法で長寿を試みた。なかには処女の生き血を飲んだり、子供の尿で煮詰めた鶏卵を食べたりといった際どいものまである。そこまでして、という気もするが、それほど執着する気持ちはわからなくもない。

 しわやシミが増えた顔を鏡で見たとき、本や新聞の文字がぼやけて見えないとき、体のあちこちが痛くて日常生活が億劫なとき、病院で処方される薬が新たに増えたとき──これまでは「年だから仕方ない」と割り切るしかなかった。生きている限り誰にでも訪れる現象だったからだ。

 だが、その老化を防いだり、若い頃の体を取り戻せるとしたらどうだろう。すぐにでも飛びつきたくなるような夢のような技術が、最新の研究により現実のものになろうとしている。

 米Googleが老化現象やそれに伴う疾患の解決を目指す研究施設「Calico」を設立したことを筆頭に、多くの企業が長寿ビジネスに参入している。その一因として、人間の寿命が右肩上がりに延び続けていることが挙げられる。

 今年9月には香川県在住の炭山ウメノさん、大分県在住の児玉コウメさんの双子姉妹が「存命中の最高齢の一卵性双生児」「史上最高齢の一卵性双生児」としてギネス認定された。その記録は、ご長寿双子姉妹として親しまれた「きんさんぎんさん」を125日上回る107才300日で、さらなる更新を続けている。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン