• TOP
  • 芸能
  • 「いつも『死』がテーマにある」『ムショぼけ』沖田臥竜×鳴海唯対談

芸能

2021.11.07 18:00  NEWSポストセブン

「いつも『死』がテーマにある」『ムショぼけ』沖田臥竜×鳴海唯対談

『ムショぼけ』原作者の沖田臥竜さんと女優・鳴海唯が語り合った

『ムショぼけ』原作者の沖田臥竜さんと女優・鳴海唯が語り合った

 10月から放送中の連続ドラマ『ムショぼけ』(ABCテレビ・日曜23時55分~、テレビ神奈川・火曜23時~)もいよいよ中盤に突入。元ヤクザ最高幹部という異色の経歴を持つ小説家・沖田臥竜さん(45才)の小説『ムショぼけ』(小学館文庫)の実写化で、ますます盛り上がっている。

 今回は、俳優・北村有起哉(47才)演じる主人公の陣内宗介の娘ナツキ役の若手女優・鳴海唯(23才)と、原作者の沖田さんの対談が実現。物語の舞台・兵庫県尼崎市出身の沖田さんと、その隣である西宮市出身の鳴海で、撮影現場での思い出と地元トークに花を咲かせた。さらには新型コロナウイルス禍で自殺者が増える社会状況のなかで、物語が投げかける「死」というテーマについても、真剣に語り合った。

 同作は、長い刑務所暮らしで社会と隔離されていた元ヤクザの中年男性の主人公が、出所後に世の中の環境の変化についていけず“ムショぼけ”に戸惑いながらも、家族やかつての極道の仲間たちと怒って笑って、ときにヘコんで涙を流すヒューマンコメディーだ。

 尼崎とその周辺の関西地区で、全編ロケの撮影が行われた。珍しいのは、ロケ地のコーディネートや、送迎車の運転手を沖田さんが務めたところだ。

沖田「神戸・須磨海岸で撮影するシーンがありました。そのとき、自分が運転して、メインキャストである(主人公と心を通わすヒロインの)リサ役の武田玲奈さん(24才)と、ナツキ役の鳴海さんの2人を現場まで送ったんです。後部座席で、同世代の2人が写真を撮り合って、和気あいあいとした雰囲気でした。実は、物語のなかにも、2人が海に向かってドライブするシーンがあります。リアルの世界でも、キャストの2人を車に乗せて海に走るなんて……ちょっと感慨深いものがありました」

鳴海「オーディションの機会をいただいて、脚本を読ませていただいたとき、この役は絶対に私がやりたい!って思ったんです。あれは撮影初日でした。沖田さんに送迎してもらったときに、作品への思いをお話しいただいたんです。そのとき沖田さんが、『物語のナツキは、自分の娘とリンクしているんです』とおっしゃった。“沖田さんの熱い思いに応えなきゃ”って、さらにナツキ役への責任感を感じました」

関連記事

トピックス