• TOP
  • 芸能
  • 佐藤健が主演作で見せた独立後の「新境地」 怒りの叫びは圧巻の演技

芸能

2021.11.07 07:00  NEWSポストセブン

佐藤健が主演作で見せた独立後の「新境地」 怒りの叫びは圧巻の演技

松本潤と佐藤健の仲とは

話題作への出演が後を絶たない佐藤健

 佐藤健(32才)が主演を務める映画『護られなかった者たちへ』が10月1日より公開中だ。SNSなどの口コミには「佐藤健の演技に序盤から惹き込まれた」「主人公を自分と重ねて見てしまった」といった言葉が並び、佐藤の演技に注目する声が多く見られる。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんも「佐藤の新境地を見た」と語る。

  * * *
 本作は、作家・中山七里(59才)による同名ミステリー小説を、映画『糸』や『明日の食卓』などを手掛けた瀬々敬久監督(61才)が映画化したもの。東日本大震災から10年目の仙台で起きた殺人事件をきっかけに、現代社会の根深い問題と対峙しなければならない人々の姿を描き出している。瀬々監督が主演の佐藤とタッグを組むのは、2017年に公開され大ヒットを記録した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』に続いて2度目。本作は両者にとって、新たな代表作となった印象だ。

 物語のあらすじはこうだ。東日本大震災から10年目の仙台で、被害者が全身を縛られたまま餓死させられるという不可解な殺人事件が発生。捜査線上には、別の事件で服役し、出所してきたばかりの利根泰久(佐藤健)という1人の男が容疑者として浮上する。被害者たちとこの利根には、何らかの関係があるようだ。事件を追う刑事の笘篠は、被害者らが“同じ福祉保険事務所で働いていた”という共通点を見つけ出し、それを手がかりに利根に迫っていく。

 東日本大震災や生活保護といった、実社会で私たちが直面する事象や問題を描いた本作は、ミステリー作品という以上に“社会派映画”の側面が強い。これを描くには、脚本と同じくらい、観客の共感を呼べるだけの俳優の説得力ある演技が必要だ。事件を追う笘篠刑事役に扮する阿部寛(57才)は、自身が震災による傷を負いながら、10年目のこの地でなぜこんなにも凄惨な事件が起きてしまったのか、その真実への追求を果たすさまを、義憤と悲哀に満ちた演技で表現している。

 事件のカギとなる保健福祉センターで働く円山幹子役には清原果耶(19才)が配され、『おかえりモネ』(NHK)とは異なる重々しい演技を披露し、作品の強度を高めている。そして、倍賞美津子(74才)が円熟味を感じさせる演技で作品のテーマを体現。そのほか、林遣都(30才)、永山瑛太(38才)、緒形直人(54才)、吉岡秀隆(51才)らの手堅い演技が物語に深みを与えている。この強力な布陣の中心に立っているのが、主演の佐藤健だ。

関連記事

トピックス