芸能

吉高由里子、癒しあふれるトーク力 彼女は素なのか演技なのか

バラエティで見せる“素顔”は果たして…(時事通信フォト)

バラエティで見せる“素顔”は果たして…(時事通信フォト)

 放送中の金曜ドラマ『最愛』(TBS系、10月15日スタート)で、約1年ぶりにドラマ主演を務めている女優・吉高由里子(33)。ドラマにおける演技も好評だが、番宣で出演しているバラエティ番組等でのトークも話題だ。彼女はなぜ、視聴者を虜にするのだろうか。

『最愛』は、3人の主要登場人物を中心に不可解な連続殺人事件の真相へと迫るサスペンスラブストーリー。吉高は主人公で事件の重要参考人でもある実業家役を演じる。主なキャストとして他に、俳優の松下洸平が主人公の初恋の相手でもある刑事役、同じく俳優の井浦新が清濁併せ呑む弁護士役で出演する。

 2006年と2021年という、2つの時代を舞台に物語は展開しており、序盤で吉高は高校生役もナチュラルにこなしていた。その自然体の演技に、ネット上では「めちゃくちゃ綺麗」「高校生にしか見えない」「すごく良い」と反響が広がっている。

 一方、バラエティ番組で見せるトークの評判も上々だ。10月14日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演した際も、ドラマで共演している松下の印象について「得体の知れない感じ」「多分サイコなんじゃないか」と語るなど、天真爛漫なトークが笑いを誘っていた。

 以前から独特の言葉遣いが注目を集め、テレビCMでハイボールを片手に「ウィ〜」と口にするシーンをはじめとした自然体の仕草が人気を呼んできた吉高。そんな彼女の“素の魅力”について、テレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏はこう語る。

「ドラマなどの番宣でバラエティ番組に出演する吉高由里子は、とても自然体に見えます。彼女自身にあまり飾ったようなところがないだけでなく、共演する俳優たちからも『裏表がない』といった評価が聞かれます。

 ドラマの撮影現場での吉高の無邪気なエピソードも、共演者からよく語られるところです。あるいは、プライベートで親交のある近藤春菜(ハリセンボン)からは、一緒に旅行に行った際、行き先が広島なのに吉高が『パスポート忘れた!』と慌てていたことや、ハイボールを飲んだら本当に『ウィ〜』と口にすることなどが、面白エピソードとしてよく語られています」

関連キーワード

関連記事

トピックス