芸能

寅さんのマドンナとして大原麗子さんがめぐった薩摩半島の旅

大原麗子さんも二度にわたり“マドンナ”を務めた

大原麗子さんも二度にわたり“マドンナ”を務めた

 映画『男はつらいよ』シリーズといえば、渥美清さんが演じる「フーテンの寅」が旅先でマドンナに出会い、恋をするのがお約束の人情喜劇だ。マドンナには毎回、魅力的な女優がキャスティングされた。今年、生誕75周年になる大原麗子さんも二度にわたりマドンナを務めた。二度目のマドンナ役となった『男はつらいよ 寅次郎真実一路』(1984年 監督/山田洋次)の舞台、薩摩半島をめぐろう。

【あらすじ】
 上野の焼き鳥屋で車寅次郎(渥美清)と意気投合した証券マンの富永健吉(米倉斉加年)が仕事に疲れて蒸発。鹿児島で見掛けたという情報を頼りに、寅次郎は健吉の妻・ふじ子(大原麗子)と捜索しに行くが、発見できなかった。柴又に戻った寅次郎は、彼女に恋をした自分に気付いて悩む。

●鰻温泉

鰻温泉

鰻温泉

 蒸発した健吉が身を寄せた鰻温泉。

●城山展望台

城山展望台

城山展望台

 寅次郎とふじ子は城山展望台から桜島を眺めて鹿児島を後にした。

●丸木浜

丸木浜

丸木浜

 ふじ子が物思いに耽った丸木浜。

●加世田麓

加世田麓

加世田麓

 2人が健吉の情報を聞きに行く家は、2019年に日本遺産に選ばれた加世田麓にある。用水路沿いに石垣や武家屋敷などがあり、歴史的な街並みが美しい。

 大原演じるふじ子の清楚さと健気さが光る一作である。健吉と飲み明かした翌朝、寅次郎は目が覚めると茨城・牛久沼の彼の自宅にいた。朝食を作るふじ子の清楚な立ち姿に、寅次郎は気恥ずかしくなった。

 後日、手土産を持って訪れると、ふじ子が健気に「……主人いないの」と涙を溜めて呟く。夫を捜索しに行った夜、同じ宿に泊まるとあらぬ噂が立つと言う寅次郎に「つまんない、寅さん」と言い捨てる姿も色っぽい。

(一部敬称略)

写真提供/大原政光

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン