ライフ

俳優・升毅が伝授する!「鮭のちゃんちゃん焼き」レシピを大公開

濃厚なみそバター味にしょうがが香り立つ「鮭のちゃんちゃん焼き」

濃厚なみそバター味にしょうがが香り立つ「鮭のちゃんちゃん焼き」

『週刊ポスト』の新連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅。実は自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2ほどで開催! 「僕にとって料理は気分転換」とも言う升が、とっておきのレシピについて語る。

「10年ほど前の真冬に、公演で北海道を訪れました。そのときに食べたイカの刺身やイクラの新鮮さと美味しさは忘れられません。鮭ちゃんちゃん焼きも、その時に初めて食べたんじゃないかな。

 鮮魚は現地に勝るものなしですが、これならどこでも美味しく作れます。鮭が主役で野菜は何を使ってもよし。カット野菜の袋詰め『野菜ミックス』を使うと、切る手間が省けます」

『鮭のちゃんちゃん焼き』

■材料(2人分)
生鮭切り身…2切れ、キャベツ…6分の1コ、赤パプリカ…4分の1コ、
にんじん…1/2本、たまねぎ…1/2コ、にんにく…2かけ、
しめじ…1パック、まいたけ…1パック、
バター…8g×2コ、塩…少々、こしょう…少々

[A]みそ…大さじ2、酒…大さじ2、みりん…大さじ2、しょうゆ…大さじ1、チューブのしょうが…約5センチ

■作り方
【1】キャベツはざく切り、赤パプリカは細切り、にんじんは薄切り、たまねぎは縦半分に切ってから繊維に対して垂直に4~5ミリ幅に切り、にんにくは薄切りにする。しめじとまいたけは小房に分ける。

【2】アルミ箔を広げてバター1コを塗り広げ、フライパンにのせる。アルミ箔の上ににんにく1かけ分を敷く。その上に鮭2切れを皮目を下にして置き、塩・こしょうをふる。にんにく1かけ分を鮭の上に散らして、野菜ときのこをのせ、合わせておいた[A]をふりかけてバター1コをのせ、アルミ箔でおおう。

【3】中火で加熱し、ふたをして10~12分蒸し焼きにする。途中でアルミ箔のふたをとってチューブのしょうがを5センチ分ほど絞る。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991年に劇団「MOTHER」を立ち上げ、関西演劇界で人気を博す。1995年に上京し、NHK連続テレビ小説『あさが来た』(2015年)、映画『八重子のハミング』(2017年)などに出演。最新主演映画『歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて』が公開中。

*YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス