国内

藤井聡太四冠の新たな天敵?「49歳・深浦康市九段」はなぜ勝てるのか

藤井聡太四冠に立ちはだかるのは…(時事通信フォト)

藤井聡太四冠に立ちはだかるのは…(時事通信フォト)

 藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖)が、豊島将之竜王に挑戦していた竜王戦は12、13日の第4局で決着。羽生善治九段の最年少四冠記録、22歳9か月を28年ぶりに更新(19歳3か月)する史上初の10代四冠が誕生した。

「2人の対局は昨年まで藤井さんが6連敗していて、豊島さんは“天敵”とも呼ばれていた。克服したと言い切るにはまだ早いですが、今年は藤井さんが圧倒しているのは間違いありません」(将棋ライター・松本博文氏)

 そんな藤井・新竜王に立ちはだかるのはNHK杯などの一般棋戦で10度優勝を収めたベテラン・深浦康市九段(49)だ。

 10月31日放送のNHK杯2回戦で深浦九段は一方的に攻め続け、95手で藤井四冠(当時は三冠)を下している。対局後、藤井四冠は机に突っ伏し、しばらくうなだれて動けなかった。今年5月の王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦でも深浦九段に敗れており、2人の公式戦での対戦成績は藤井四冠の1勝3敗。通算勝率8割超の藤井四冠が2番負け越している棋士は、深浦九段だけとなる。

「深浦九段は藤井さんだけでなく、4強と呼ばれてきた渡辺さん(明・名人)、豊島さん、永瀬さん(拓矢・王座)とトータルすると33勝29敗で勝ち越している。

 とにかくガッツがあります。藤井さんが相手だと注目されるし、棋士の本能としても強い相手との対局ではより力が入る。技量のある棋士が気持ちで負けなければ、藤井さんを倒せることを証明しています」(同前)

 考え抜かれた研究の成果でもあるという。

「NHK杯2回戦では藤井さんを相手に、ほとんど時間を使わず一方的に攻め続けました。事前に深い研究がなければ、ここまで早く指せません。

 深浦さんは事前にAIで詳細に検討し、研究範囲まで藤井さんを誘導していったようです。途中までAIが示す最善の順でついていった藤井さんもさすがですが、その上で優位に立ち、勝ちきった深浦さんが見事でした」(同前)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン