• TOP
  • コラム
  • 忙しいママにも最適「ナイトキャップ」。効果がないって本当?

コラム

2021.11.24 10:00  たまGoo!

忙しいママにも最適「ナイトキャップ」。効果がないって本当?

忙しいママにも最適「ナイトキャップ」。効果がないって本当?

昔懐かしい「ナイトキャップ」。実はヘアケアに使えるアイテムとして、いま話題になっています。就寝間際に被るだけで翌朝サラサラ髪になれる…。そんな噂を耳にしてナイトキャップが気になっている方。あるいは「効果がないって本当?」とご心配の方へ。ナイトキャップに関する情報をお届けします。
時間をかけずにヘアケアしたい、そんな忙しいママはぜひ参考にしてみてくださいね。

「ナイトキャップ」が人気再燃!?美髪さんの夜の習慣

映画や絵本の中で、おばあちゃんが被っている「ナイトキャップ」。丸いシルエットにギャザーを寄せたナイトキャップは、可愛いおばあちゃんが被るものというイメージがあります。どこかで見たことはあっても被ったことがない人が殆どかもしれません。

今こそ注目したい「ナイトキャップ」とは

ナイトキャップは女性が長い髪をまとめて眠るためのアイテムとして、広く愛用されてきました。寝ている間も髪が乱れず、美しい状態をキープ。女性たちの美意識が生み出したアイテムといえるでしょう。
時代は移り変わり、今や欧米でも「おばあちゃんが被るアレのこと?」という認識の様子。しかし、最近ではそんなナイトキャップが見直されつつあります。

レトロかわいいナイトキャップがSNSで話題に!

ここ数年はおしゃれなナイトキャップが続々と登場し、その認知度は急上昇しています。タレントの渡辺直美さんがSNSでナイトキャップ姿を披露するとたちまち話題に。
「ナイトキャップを使ってみたい」「ほんとに効果あるの?」といった声が、各所から寄せられることとなりました。

大手通販ショップや巷の雑貨屋さんでも販売されるようになり、ナイトキャップは現代の美容アイテムとして復活を遂げています。

ナイトキャップを使うメリットと使い方

小さい子どもがいるママの場合、毎日ヘアケアの時間を確保するのは難しいですよね。忙しくて手間暇がかけられないのに加え、産前産後はホルモンバランスの変化で抜け毛が増えてしまう人も。手軽にできるヘアケアグッズをお求めの方に、ナイトキャップがおすすめですよ。

さて、レトロでおしゃれなナイトキャップですが美容面ではどんな効果が期待できるのでしょうか?ナイトキャップのメリットと、基本的な使い方をご解説します。

ナイトキャップが摩擦を軽減して髪をまもる

ナイトキャップの役割は、寝ている間に髪が乱れないよう纏めるためのものです。特にロングヘアーの人は朝起きたら髪がボサボサ、ということも日常茶飯事かもしれません。髪をひとまとめにしてナイトキャップに収めることで、起き抜けのボサボサ状態を解消。

また、シーツや枕との摩擦から髪の毛を守ってくれる役割もあり、ダメージを軽減する効果が期待できます。

手間いらずのナイトキャップ!被るだけでOK

ナイトキャップの使い方はいたって簡単。基本的には頭に被るだけでOKです。髪の毛をナイトキャップに収める際は、ヘアゴムやヘアピンはつかわずに、そのまま手で纏めて入れ込みます。左右二つに毛束を分けて片方ずつ入れ込む方法と、一纏めにして頭頂部に集める方法があります。髪質や長さに応じて纏めやすい箇所に髪を持って行いたら、くるりと毛束をねじってナイトキャップを被せます。前髪がハネないようにサイドに流してキャップの中に入れましょう。

なお、髪が乾いた状態で行います。濡れたまま被せると頑固な寝癖がついてしまうためご注意を。

ナイトキャップは効果がないって本当?

愛用者の多いナイトキャップですが、効果が実感できないという声や、お悩みもチラホラお見かけします。「ナイトキャップは効果がない?」「買うかどうか迷っている」…そんな方のために、気になる情報をいくつかピックアップしました。

髪がハネ易い方は要注意?ナイトキャップと寝癖問題

ナイトキャップでよくあるお悩みは、「翌朝になると変な癖がついてしまう」というもの。特に癖がつきやすい髪質の方は要注意です。
もともと髪がハネやすいショート~肩近辺の長さの場合、髪の纏め方次第で癖がつく場合もあります。そんなときは髪の纏め方や纏める位置を変えて試してみましょう。とはいえ癖っ毛でお悩みの方の場合、ナイトキャップを使い始めて「以前より髪が落ち着いた」という声もあります。すでに寝癖でお悩みなら、試してみる価値はあるでしょう。

シルクのナイトキャップはお手入れが肝心

ナイトキャップはシルク製の物が主流。シルクは高い保湿効果が特徴の素材です。綿と比べると格段に、しなやかです。一方の綿は耐久性に優れている利点がありますが、使い続けると堅くなりがちで、綿性の寝具も使い続けるごとにゴワついてしまいます。
そこで、髪を摩擦から守るという点ではナイトキャップはシルク素材がおすすめです。綿製の安価な物も販売されていますが、シルクの方が効果を実感する人が多いようです。

そしてシルクのナイトキャップも洗濯を重ねることで生地が変質し「ナイトキャップの効果が薄れてきた」と感じる人もいます。シルクはデリケートな素材であるため、記載のお手入れ方法を守ってお手入れし、傷みがひどい場合は買い替えをご検討ください。
なお、シルクはアルカリ洗剤で洗濯すると傷んでしまうため専用洗剤が必要です。そもそも水洗い不可の物もあるため、購入前に選択表示をご確認くださいね。

おわりに

レトロでおしゃれなナイトキャップ。忙しい育児中の今こそ、取り入れる機会かもしれません。
ちなみにナイトキャップは、寒い国では防寒の役割も兼ねるそう。寒い季節にこそ活用したいアイテムですね。また、欧米のようにお風呂は朝派という人にもおすすめ。夜に髪を洗わない場合、ナイトキャップを被れば髪に付いた汗や埃でシーツ類が汚れるのを防いでくれるでしょう。

色々と活用メリットがあるナイトキャップ。ぜひ、あなたの夜の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス