芸能

須田亜香里の新たな“武器”はギター ソロライブで「歌声との相性は抜群」評

エレキギターも演奏

エレキギターも演奏

努力を重ね、コメンテーターとして各局から呼ばれる存在に

 もう一つ驚いたのは、大人の男性ファンの多さである。そんな大人たちが、須田の歌声やMCに「うん、うん」と優しく頷きながら、一声も一言も聞き逃さないという姿勢で耳を澄ましていた。

 そんなファンの皆さんがSNSなどで度々呟いているのは「あかりんは本当に、がんばり屋さん」である。

 須田が「努力の人」であることは、4年前から『ドデスカ!』(メ~テレ)で共演する機会が多かった私もよく知っている。最初の頃こそ、拙いコメントもあったが、本番前、担当ディレクターにまず、言いたいことを伝え、「大丈夫ですか?」「間違ってませんか?」などと確認。楽屋に用意された一般紙にもスポーツ紙にも目を通し、準備をしていたものだ。それが今では、木曜日のスポーツコーナーを仕切り、岸博之氏や萱野稔人氏らと並ぶ立派なレギュラーコメンテーターだ。

 東海テレビの『スイッチ!』も、不定期の月イチ出演から、今年3月、隔週水曜日のレギュラーコメンテーターに昇格。他にも『バイキングMORE』(フジテレビ系)や、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)から度々声がかかる若き“論客”の一人でもある。

 ラジオとの相性もよく、現在3本のレギュラーが。今年2月には、主演映画『打姫オバカミーコ』が公開された。メ~テレ制作のオムニバスドラマ『名古屋行き最終列車』でも後輩メンバーを牽引してきた。

須田会からもバルーンが

須田会からもバルーンが

後輩メンバー「須田会」からもバルーンやメッセージ動画

 そんな須田が、新たに手に入れた武器がギター。始めてから半年なので、カポの位置に迷ったり、コードを間違えたり、「アルペジオができるようになりたい」と、まだまだ初心者には違いないのだが、前述のとおり、彼女の声とギターの相性が抜群であるため、「聴けた」し、「予想以上に良かった」というのが私の率直な感想である。

 須田本人は、「歌詞を大切に伝えることを中心にレッスンしていただいていた」(須田のツイートより)し、「SKE48劇場の音響も担当して、私の歌への苦手意識も知っている方が、ギターと声を綺麗に響かせてくださった」「須田専用金属アレルギー対応マイクを渋谷まで連れて来てくださった」(同)と、スクールと音響担当者に感謝。こうした“言葉”を欠かさないから裏方にも愛されているのだ。

 努力の人、律儀な人であると同時に、後輩想いだということは、彼女が2位になった「AKB48 53rd シングル 世界選抜総選挙~世界のセンターは誰だ?~」のスピーチがよく表している。

「ステージの隅っこに今いるメンバーも、握手会の列が短いっていう子も、ブスだって言われても(笑い)、運営から推されなくたって」とは、ズバリ自分自身のこと。それでも、こんなにも晴れがましい場所に立てたのだから、みんなもがんばって! 大丈夫だよ!とエールを贈ったのである。だからだろう、ソロライブ会場には、彼女を慕ってやまない後輩メンバーで結成される「須田会」からバルーンやメッセージ動画が届いていた。 

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン