国際情報

北朝鮮代表団が中国丹東市を訪問し緊急支援要請 厳しい見通し続く

食糧を中心に深刻な物資不足が続く

食糧を中心に深刻な物資不足が続く

 北朝鮮代表団が11月中旬、食糧などの緊急支援を求めて、北朝鮮国境の中国遼寧省丹東市の中国政府機関を訪れていたことが明らかになった。北朝鮮は昨年1月の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中国との国境を全面閉鎖して以来、必要物資の90%以上を頼る国境貿易を中断しており、国内は食糧を中心に深刻な物資不足に陥り、経済活動が停止状態になっている。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 中朝両国の鉄道貿易は11月1日、丹東から鴨緑江を越えて北朝鮮の新義州までの往復区間で再開された。しかし、その8日後には、中国政府は丹東市内の新型コロナウイルスの感染者が急増したことを理由に、同市をロックダウン(都市封鎖)、鉄道による国境貿易は再び中止に追い込まれた。

 北朝鮮の代表団が中国の政府機関を訪れたのは貿易が中止された直後で、話し合いを受けて、中国政府は北朝鮮が要求してきた食糧や各種原材料、建設資材などを提供することを決定した。

 中国が北朝鮮に緊急支援物資を送るのは今年4月に約300トンのトウモロコシを列車で運んで以来だという。

 北朝鮮からの報道によると、北朝鮮の食糧事情は非常に厳しく、餓死者も出ている。北朝鮮政府は、数百万人の北朝鮮人が犠牲になった1994年から1998年の飢饉に匹敵するような食糧不足に備えるよう、国民に伝えているという。

 中国政府の関係者はRFAに対して、「代表団は、コロナウイルスが猛威を振るっている丹東に危険を冒してまで入ってきた。これは、北朝鮮の物資不足が極めて深刻であることを証明している」と述べたうえで、「北朝鮮が代表団を送って物資を要請し、中国側がただちに要請を受けいれたことで、これ以前に、すでに両政府の上層部では合意に達していたと考えられる」と指摘している。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン