• TOP
  • スポーツ
  • 朝倉未来「弱い者いじめ」批判から一転、称賛を集めたリスク対応力

スポーツ

2021.12.02 16:00  NEWSポストセブン

朝倉未来「弱い者いじめ」批判から一転、称賛を集めたリスク対応力

朝倉未来のYouTubeチャンネル登録者数は200万人を超える(同YouTubeより)

朝倉未来のYouTubeチャンネル登録者数は200万人を超える(同YouTubeより)

 格闘家として「RIZIN」で活躍し、トップYouTuberとしても人気を博している朝倉未来。11月20日にABEMAで放映された「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」企画も大きな話題を呼んだ。

 朝倉のルーツでもある“ストリートファイト”を舞台に、ABEMAが用意した特設会場で衣服着用のままで対戦する「喧嘩ルール」のもと、3人の対戦相手と闘った今回の企画。応募があった全国の喧嘩自慢のなかから、“会津の喧嘩屋”こと久保田覚氏、後藤真希の弟で元アイドルでもある後藤祐樹、Bigbangウエルター級現役王者のモハン・ドラゴン、そして元KAT-TUNの田中聖の4名が対戦相手として選出された。

 当日は練習中に負ったケガを理由に田中聖のみ欠場となったが、残る3名を次々と瞬殺していく朝倉の姿を見て、その強さに称賛の声が上がった一方で、一部からは「素人相手に弱い者いじめをしている」などとの批判も寄せられ、ネット上では大きな議論が巻き起こった。

 その後、朝倉は自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿し、「結局は弱い者いじめをしているような映りになってしまった」と反省の弁を述べ、対戦相手とのコラボ動画なども公開、そうした対応により、逆に株を上げる結果にもつながっているようだ。YouTubeファンたちの生の声を聞いてみよう。

 格闘技経験があり、RIZINにも足を運ぶという男性・Aさん(30代/会社員)は、朝倉選手の対応についてこう語る。

「もともと格闘技が好きで今回のストリートファイト企画もPPV(ペイパービュー)で視聴しました。この企画はそもそも安全面に考慮して行われたものですから、僕個人としては炎上する理由はないと考えています。ただ未来さんのすごいところは、批判が寄せられてすぐに反省動画をアップし、企画に対する考えを改めたと表明した対応の早さです。自分を常に客観視できる人ですが、このスピード感には社会人として、リスク管理の面でも学ぶところが大きいです」(Aさん)

 小学生時代から元・モーニング娘。の後藤真希さんのファンだという女性・Bさん(30代/中学校教師)は、次のように話す。

「朝倉未来選手についてはそれほど詳しくなかったのですが、ユウキくん(後藤祐樹)が出ると知って、PPVを購入して観ました。ごっちん(後藤真希)のファンだったので、EE JUMP時代からユウキくんのことも応援してきました。今回の企画はユウキくんが自ら応募した企画だったので、不安というよりも、エンタメとして楽しもうという気持ちで見ていましたね。

 試合後に感動したのは、朝倉さんが、ケガを負ったユウキくんの奥様にドラム式の洗濯機をプレゼントしたことです。奥様が涙を流して喜んでいたのを見て、ユウキくんが新しい人生を歩んでいることが伝わってきて安心しました。そして、『1000万円を獲得したら、首に入った鯉のタトゥーを除去したい。それが母親との約束だった』と語ったユウキくんの願いを叶え、朝倉選手が医療機関での無料のタトゥー除去をプレゼントした動画も良かったですね。過去にはこの刺青が元で批判されたことも多かったですから。

 ユウキくんのYouTubeチャンネル『おっととっとちゃんねる。』は、今回の朝倉さんとのコラボによりチャンネル登録者数が2万7000人から約7万人にまで急増しています。結果的にユウキくんにとってもプラスになったと思います」(Bさん)

関連記事

トピックス