• TOP
  • 国内
  • 小室圭さんの実家に変化 ポリスボックス撤去、佳代さんも洋菓子店退職

国内

2021.12.03 07:00  女性セブン

小室圭さんの実家に変化 ポリスボックス撤去、佳代さんも洋菓子店退職

小室圭さんの母・小室佳代さんと実家に変化

小室佳代さんや実家に変化

 小室圭さん(30才)と秋篠宮家の長女・眞子さん(30才)がニューヨークへと旅立ってから約半月が経過した11月末、横浜市内の小室さんの実家マンションに変化があった。

 2017年に眞子さんとの関係が報じられて以降、実に4年にわたって設置されていたポリスボックス(警察官の待機所)が撤去された。結婚から1か月以上が経過し、小室夫妻も日本を離れた。警備に多額の税金が投入されることへの批判も続いていたが、一区切りがつけられたのだ。

 9月末、小室さんが一時帰国したときには、周辺一帯が騒然とした。

「日本一注目されていた場所といっていいでしょう。各メディアが小室さんの一挙一動を追って自宅マンション前に集まりました。ポリスボックスには制服警官が交代で常駐し、さらに別の警察官が数人で周辺を巡回していました。まさに24時間の厳重な警備体制が敷かれていた。その目をかいくぐり、YouTuberが突撃しようとして逮捕されるという一件もありました」(皇室記者)

 そんな騒がしさとは打って変わって、現在、周辺はひっそりと静まりかえっている。

 11月12日には、小室さんの母・佳代さんと元婚約者Aさんとの間で長らくくすぶっていた金銭トラブルの幕引きがなされた。小室さんが佳代さんに代わってAさんと対面し、3日後には409万3000円の解決金が支払われた。ただ、“佳代さんと直接会って話がしたい”というAさんの希望は聞き入れられず、小室さんはその理由を、結婚会見で「ドクターストップ」と説明した。

 晴れてトラブルから解放された佳代さんは、息子の結婚後も自宅にこもりきりのようだ。仕事は辞めた。今年7月から、15年間勤めていた老舗洋菓子店を欠勤していたが、正式に退職したという。

「佳代さんは、勤務先のロッカールームで足にけがをしたとして、労災認定を求めていました。しかし、洋菓子店側は、そうした事実は認められないと断固争う姿勢だった。佳代さんは結局、弁護士を通して退職の意思を伝えてきたそうです」(別の皇室記者)

 佳代さんの生活は、同居する父親の年金や、小室さんが10才のときに亡くなった夫・敏勝さんの遺族年金に支えられていることになる。

※女性セブン2021年12月16日号

関連記事

トピックス