芸能

小松菜奈最新作は「キャリアの真骨頂」 俳優とモデルの”二刀流”が強みに

USJデートの目撃情報もあった菅田と小松

振り切れた演技を見せた小松

 林遣都(30才)と小松菜奈(25才)がダブル主演を務める映画『恋する寄生虫』が11月12日より公開中だ。“人が恋に落ちるのは「虫」の仕業である”というユニークなアイディアを取り入れた本作は、視覚効果を用いたダイナミックな映像と音の演出が見どころの一つ。SNSなどの口コミでは、「映像と音の幻想的な世界に引き込まれた」といった声が多く見られる。そんな中注目を集めているのが、演出を味方に付けたモデルとしてのキャリアも持つ小松の好演だ。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんは「本作が彼女のキャリアの真骨頂」と話す。

 * * *
 本作は、作家・三秋縋による同名小説を、放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のメインビジュアルとタイトルバックの演出も担当している柿本ケンサク(38才)が実写映画化したもの。脚本は映画『タッチ』や『種まく旅人 くにうみの郷』などを手掛けた山室有紀子(53才)がシナリオを担当し、一組の孤独な男女が「虫」の存在によって恋に落ち、翻弄されていく姿を描いている。

 物語のあらすじはこうだ。極度の潔癖症で、人と関わることができず孤独に生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。彼はある日、見知らぬ男から奇妙な依頼を受ける。その内容とは、視線恐怖症で不登校になっている女子高校生・佐薙ひじり(小松菜奈)の面倒を見て欲しい、というもの。社会に対して反抗的で、あまりにも露悪的な態度を取る彼女は、世界の終わりを願っていた賢吾さえも狼狽させ辟易させる。だがやがて、「孤独」という共通点を持つ2人は脳内に存在する「虫」によって、惹かれ合っていく。

 この異様な物語に挑んだ主演2人の演技力はもちろんだが、井浦新(47才)と石橋凌(65才)らベテランの存在も大きい。井浦は、佐薙の面倒を見るよう、半ば脅す形で高坂に依頼する謎の男を好演。感情の所在が分からない抑制の効いた演技はミステリアスで、本作をよりサスペンスフルなものにしている。石橋は佐薙の祖父にして医師の役を妙演。カギとなる「虫」について詳しい人物をシリアスに演じることで、作品に重みを与えている。

 今年、単独主演映画『犬部!』も公開された林も、自ら仕掛けたり、受け手に回ったりと、巧みに役割を転換させる名プレイヤーぶりを発揮。少人数の座組だが、個々の俳優が光っているのだ。そしてこの中でも特筆すべきなのが、小松菜奈の存在である。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン