芸能

小松菜奈最新作は「キャリアの真骨頂」 俳優とモデルの”二刀流”が強みに

USJデートの目撃情報もあった菅田と小松

振り切れた演技を見せた小松

 林遣都(30才)と小松菜奈(25才)がダブル主演を務める映画『恋する寄生虫』が11月12日より公開中だ。“人が恋に落ちるのは「虫」の仕業である”というユニークなアイディアを取り入れた本作は、視覚効果を用いたダイナミックな映像と音の演出が見どころの一つ。SNSなどの口コミでは、「映像と音の幻想的な世界に引き込まれた」といった声が多く見られる。そんな中注目を集めているのが、演出を味方に付けたモデルとしてのキャリアも持つ小松の好演だ。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんは「本作が彼女のキャリアの真骨頂」と話す。

 * * *
 本作は、作家・三秋縋による同名小説を、放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のメインビジュアルとタイトルバックの演出も担当している柿本ケンサク(38才)が実写映画化したもの。脚本は映画『タッチ』や『種まく旅人 くにうみの郷』などを手掛けた山室有紀子(53才)がシナリオを担当し、一組の孤独な男女が「虫」の存在によって恋に落ち、翻弄されていく姿を描いている。

 物語のあらすじはこうだ。極度の潔癖症で、人と関わることができず孤独に生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。彼はある日、見知らぬ男から奇妙な依頼を受ける。その内容とは、視線恐怖症で不登校になっている女子高校生・佐薙ひじり(小松菜奈)の面倒を見て欲しい、というもの。社会に対して反抗的で、あまりにも露悪的な態度を取る彼女は、世界の終わりを願っていた賢吾さえも狼狽させ辟易させる。だがやがて、「孤独」という共通点を持つ2人は脳内に存在する「虫」によって、惹かれ合っていく。

 この異様な物語に挑んだ主演2人の演技力はもちろんだが、井浦新(47才)と石橋凌(65才)らベテランの存在も大きい。井浦は、佐薙の面倒を見るよう、半ば脅す形で高坂に依頼する謎の男を好演。感情の所在が分からない抑制の効いた演技はミステリアスで、本作をよりサスペンスフルなものにしている。石橋は佐薙の祖父にして医師の役を妙演。カギとなる「虫」について詳しい人物をシリアスに演じることで、作品に重みを与えている。

 今年、単独主演映画『犬部!』も公開された林も、自ら仕掛けたり、受け手に回ったりと、巧みに役割を転換させる名プレイヤーぶりを発揮。少人数の座組だが、個々の俳優が光っているのだ。そしてこの中でも特筆すべきなのが、小松菜奈の存在である。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン