国内

愛子さまがティアラ姿をお披露目 眞子さん佳子さまの2800万円ティアラより“格上”

ティアラとローブ・デコルテ姿をお披露目された愛子さま(撮影/JMPA)

ティアラとローブ・デコルテ姿をお披露目された愛子さま(撮影/JMPA)

 20才になられた天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが12月5日、皇居・宮中三殿を参拝し、宮殿で、天皇陛下による宝冠大綬章の親授式に出席された。初めてローブ・デコルテをお召しになり、注目されたティアラ姿もお披露目となった。

 今回、お召しになったティアラは、新調したものではなく、天皇陛下の妹・黒田清子さんが使ったティアラを借りたもの。愛子さまは両陛下とも相談の上、コロナ禍の国民生活への影響を考慮し決めたという。清子さんのティアラは、当時の天皇ご一家の内廷費(生活費)から拠出されており、現在は清子さんが所有しているため「借りる」という形となった。

 愛子さまのローブ・デコルテ、そしてティアラ姿にネット上には絶賛する声であふれた。

「ティアラって、中身が伴っての美しさなんだな…と感じました。素敵です」
「内面から滲み出る、本物の美しさだと思いました。だからこそ、美しいティアラもよくお似合いなんですね」
「愛子様が持つ品の良さや穏やかさ、清冽さが際立ちましたね」
 
 これまで女性皇族が成人になられる際、ティアラは新調されるのが通例だった。

 内親王だった小室眞子さんは、ティアラと宝飾品は「和光」のもので2856万円、佳子さまのときは2793万円の費用がかかった。佳子さまのときは初めて業者を一般公募し、「ミキモト」製に決まった。いずれも公費で作られている。そのため、眞子さんが着用したティアラは結婚後、宮内庁に返還されている。

 愛子さまが今回、着用されるティアラは上皇陛下が天皇として即位されていたときに、“天皇の長女”として作られたもの。愛子さまも同じ立場で着用されることから、内親王として新調した眞子さん、佳子さまよりも格上という形でのティアラといわれている。

 来年3月には愛子さまの会見も予定されているという。祝福ムードはしばらく続きそうだ。

関連記事

トピックス

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン