ライフ

江原啓之氏が生前葬を勧める理由 スピリチュアルの視点で見る葬式とは

「墓じまいをしてバチが当たるなんてことはありませんから心配しないで」

葬式はなんのために必要か?

「死後の世界への旅仕度」を解説した最新著『あの世の歩き方』がベストセラーになっているスピリチュアリスト江原啓之氏。ある程度年齢を重ねると、「自分の葬式をどうするか?」と考える場面も訪れるが、江原氏が考える葬式のあり方はどんなものなのか? 『週刊ポスト』誌上で語った。【全3回の第2回】

 * * *
 この世じまいで重要なのは、生きているうちに粛々と死の準備を進めることです。残された者に迷惑をかけないためにも、あらゆる面に配慮して備えをしておきましょう。

 そのなかで最も重要なもののひとつが葬式です。宗派や葬儀業者をどうするかなどの悩みやトラブルを避けるには、事前に家族に葬儀の仕方を伝えておくことが重要です。同時に、“本当に華やかである必要があるのか”を考えましょう。

 昔は世間体や見栄などから盛大な葬儀をする傾向にありましたが、昨年から今年にかけては「コロナで亡くなったので身内で葬儀を済ませました」との通知が来るケースが散見されました。これは多くの人が、「葬式は家族内で温かく見送れば良いんだ」と思うようになったことの証左です。

 むしろ私は残された者に迷惑をかけないためにも、生きているうちに呼びたい人を集めて密やかに行なう「生前葬」でも良いと思っています。

 スピリチュアルの視点から言えば、葬式は「故人が死んだことに気づくため」にあります。

 だから家族や親戚、友人や知人が亡くなった時は、「あなたは死にましたよ」と心の中で語りかけてほしい。その声がテレパシーで故人に届いて、「あ、私って死んだのね」と気づけば、それだけで葬式は完了です。

 つまり、故人が「死んだ」と気づけるなら、かたちにこだわる必要はありません。かたちばかり大きくしても、故人が喜ぶわけではないのです。

(第3回につづく)

【プロフィール】
江原啓之(えはら・ひろゆき)/スピリチュアリスト。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。また、オペラ歌手としても活躍。『人間の絆』『自分の家をパワースポットに変える最強のルール46』ほか著書多数。最新刊は『あの世の歩き方』(小学館刊)。

※週刊ポスト2021年12月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス