国内

小室さん夫妻 宮内庁の本音は「静かにしていて」、帰国ならば会見開催も

寄り添うNYの2人に対し、宮内庁は…

寄り添うNYの2人に対し、宮内庁は…

 11月にアメリカに渡った小室圭さんと眞子さんが、夫婦として初めての年越しを迎える。これまでのお正月は新年祝賀の儀に参加してきたが、今年の新年は皇居・宮殿から1万km以上も離れた米ニューヨークで迎えることになる眞子さん。ただ、新年を祝う状況ではない。

 祖父である川嶋辰彦さん(享年81)は2021年11月4日に亡くなったばかりで、母親の紀子さまは2月上旬まで喪に服されている。さらに、2022年2月には、小室さんの2度目のニューヨーク州の司法試験が待ち受けている。合格すれば安泰だが、この試験には小室さんのビザ問題も深くかかわってくる。

「小室さんは、2021年7月の試験に合格していれば、就労ビザを取得できる見込みでした。しかし結果は不合格。そのため、留学時に取得した学生ビザを1年間延長できる制度を利用して、アメリカで働く状況が続いているとみられます」(皇室ジャーナリスト)

 その期限は、大学卒業から1年となる2022年5月まで。それまでに試験に合格し就労ビザを得られる目処が立たなければ、日本に一時帰国しなければならなくなる。眞子さんがニューヨークで暮らし続けられるかどうかは、まだ定かではないのだ。これを受け、小室さんの合格を人知れず願っているのは宮内庁関係者だ。

「皇室は、愛子さまの成人によってしばらく祝賀ムードが続くでしょう。そこへきて、小室さんの試験の話や一時帰国の話が再燃するのは避けたい。とにかく静かにしていてほしい、帰国せず、日本のメディアの前に出てこないでほしいというのが宮内庁の本音です」

 実は、宮内庁は日本総領事館を通じて、ニューヨークに拠点のある日本メディアに小室夫妻への取材自粛を要請している。その代わりに差し出したのが、“帰国時には会見などに応じる”という条件だ。つまり、小室さんも眞子さんも、こっそり帰国することは事実上不可能だ。そうなれば、「複雑性PTSD」の診断が出されている眞子さんは、いたずらに世間の目に晒されるのは避けたいので、進んで帰国はしないだろう。

「眞子さんはニューヨークにいる限りは、小室さんの支えもあって精神的に安定しているでしょう」(皇室記者)

 次に日本の土を踏むのはいつになるのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン