スポーツ

蛯名正義氏 トウカイテイオーの強さを思い知った初めてのダービー

1991年の皐月賞。蛯名正義騎手騎乗のシャコーグレイドは勝ったトウカイテイオーから1馬身差の2着に(写真/JRA)

1991年の皐月賞。蛯名正義騎手騎乗のシャコーグレイドは勝ったトウカイテイオーから1馬身差の2着に(写真/JRA)

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、日本の馬として最初の国際GI競争優勝馬であるトウカイテイオーの強さについてお届けする。

 * * *
 デビューして3年目、初めてGIに騎乗させてもらいました。平成元(1989)年の皐月賞。自厩舎のリアルビクトリというリアルシャダイ産駒で、オーナーの吉野文雄さんはエフティマイアなどの馬主である吉野英子さんのお父様。2代続けてお世話になったというわけです。この年はオークスと、暮れの朝日杯3歳(現2歳)ステークスにも騎乗しましたが、どれも二桁着順でした。

 2年後の皐月賞には矢野照正厩舎のシャコーグレイドで出走します。

 このレースはあのシンボリルドルフの産駒でここまで4戦4勝というトウカイテイオーが人気の中心。シャコーグレイドは抽選でやっと出られるような馬だったので、急遽頼まれました。

 道中は後ろの方で我慢していましたが、3コーナーにさしかかったところで追い出すとぐっとスピードが乗って4コーナーで外に出てさらに加速。

 完璧に回れたと思いました。

 直線を向いたときにこれは勝てるかな、とほんの一瞬(本当にほんの一瞬です)思ったんですけれど、前にいたトウカイテイオーを見たらまだ全然追ってない(笑)。手ごたえもまるで違ったので無理だと思いました。それでも18頭立て16番人気での2着。当時は枠連しか発売していませんでしたが、5440円もつきましたよ。レースを見ていて「エビナって誰だ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

 シャコーグレイドが頑張ってくれたおかげで、初めてのダービーにも乗れることになりました。この日のことは、とてもよく覚えています。ベテランでも緊張すると聞いていたのですが、僕は嬉しくて嬉しくてしょうがなかった。パドックで跨って、地下馬道から出ていくまでずっとニコニコしていたみたいです。

 今だから言えますけど、皐月賞の後、手を脱臼したんです。ダービーに乗りたいから誰にも言わないでテーピングしながら乗ってました(笑)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト