スポーツ

羽生結弦に「北京五輪ボイコット」を呼びかけた手紙、騒動の顛末

(写真/Getty Images)

思わぬ騒動に巻き込まれた羽生(写真/Getty Images)

 いよいよ2022年2月4日に開幕する北京五輪。気がかりなのは、中国の人権問題を理由に広がりを見せている「外交的ボイコット」の動向だ。アメリカに続き、イギリス、カナダ、オーストラリアなども同調を表明している。

「当初は羽生結弦選手(27才)のライバルであるネイサン・チェン選手(22才)の派遣まで止めるのかと思われましたが、アメリカ政府はボイコットするのは“政府関係者の派遣”だけと表明しています」(五輪関係者)

 日本でも懸念される事態が起きている。12月9日、中国の人権侵害に反発するユーザーがツイッター上に《北京五輪ボイコットを呼びかける手紙を羽生結弦選手に送ってみました》という投稿を、3通の手紙の写真とともに掲載したのだ。たちまち《羽生君を政治利用するな!》《選手の人権を侵害している》と非難が殺到し、アカウントが炎上。

「宛先は日本スケート連盟や羽生選手の練習拠点などで、羽生選手に直接届けられたわけではありません。でも、羽生選手はニュースで、騒動を知ったはずです。今季はけがで出遅れ、いまだ実戦はゼロ。五輪への出場も不透明なままです。そんな中、政治や外交に巻き込まれた彼の精神面での影響が心配されます」(フィギュアスケート関係者)

 当のツイッターのアカウント主は、批判に対し《羽生選手にボイコットの矢面に立ってほしいとは考えていない》と反論し、《羽生選手に迷惑をかける意図はなかった》としてツイートを削除。炎上騒動は“鎮火”した。

 思えば2021年の東京五輪もコロナ禍での反対運動が起こったが、またしても騒がしい五輪となりそうだ。

※女性セブン2022年1月6・13日号

深夜に家から練習へ向かう羽生結弦

深夜に家から練習へ向かう羽生結弦(2021年11月)

2018年8月、カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かう羽生

2018年8月、カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かう羽生

2時まで練習をしていたという

2時まで練習をしていたという

場所はカナダ、練習を終えて出てきた羽生(2018年)

右足首の状態が懸念される

右足首の状態が懸念される

大きな荷物を引いていた

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト