芸能

aiko結婚相手は「年下ファン」元カレ・星野源から続くブレない恋愛観

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)

『オールナイトニッポン』での結婚報告を終えたばかりのaiko(2021年)

 昨年結婚していたことを公表したシンガーソングライター・aiko(46)の最新ショットを捉えた。12月16日深夜、『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で結婚をあらためて生報告したaikoは、夫が「ファンの人」「年下」であることも明かした。

 そんな彼女はかつてファンとの結婚願望を告白したことがある。2019年6月6日に放送された同ラジオ番組にゲスト出演した際、「ファンの人と結婚できたらいいなーと思う」とコメント。それだけに今回の発表は「有言実行」だと話題に。彼女のブレない恋愛観は「年下好き」という面にも現れている。

「8年以上交際し、結婚秒読みと言われたTOKIOの国分太一さん(47)は1歳年上でしたが、元カレの星野源さん(40)は6歳年下でした。aikoさんは少なくとも10年も前から、自分の好きなタイプは『優しい変態』だと多くのメディアで語り続けています。

 アーティストらしい独特の表現ですが、今年放送されたバラエティ番組では『私のことだけを見てくれる。心の中までストーキングするくらい固執してくれる』という意味があると話していました。それだけ情熱的なタイプとなると、年上よりは年下のほうが見つかりやすい気はしますね。お相手のチャームポイントは“優しいところ”だそうですから、まさにピッタリ」(芸能記者)

 たしかに売れっ子芸能人よりは、もともとファンだった一般男性のほうが、“心の中までストーキング”してくれていそうだ。そうした要素も手伝って、現在のパートナーはaikoの心を射止めたのかもしれない。

まったくバレなかった結婚

 ところで、女性シンガーソングライターの代表格であるaikoの結婚は、約1年間ずっと公にならなかった。当初から結婚を把握していたのはマネージャー、そして所属レコード会社のスタッフ1人だけだという。レコード会社の社長に報告したのも今夏になってからのこと。

「一流歌手ですから華やかな私生活を想像しがちですが、aikoさんはかなりのインドア派。コロナの影響で自宅から出られない日々が続いていた側面もありますが、彼女は昔からもっぱら“家デート”が好きだと公言しています。お相手が一般人であれば、より秘密を貫き通しやすかったのでしょう」(前出・芸能記者)

 このほか彼女は“地味婚”好みでもある。過去に雑誌企画で、以下のように語っている。

〈(理想の結婚式は)二人きりか親族だけを呼んで。ウエディングドレスやチャペルへの憧れはないんです。何より、たくさんの人に来てもらうと気を使いそうで。席順とか考えるのって大変そうでしょ? 私の場合、結婚したとしてもその前後で生活はあまり変わらないんちゃうかな〉(『non-no』2010年5月5日号)

 同雑誌のインタビューでaikoは「(イタズラ好きは)サガです(笑)」とも語っており、今回の結婚発表も彼女が世間に仕掛けたサプライズなのかもしれない。お相手といい、発表の仕方といい、何から何まで彼女のキャラが詰まった結婚と言えそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン