国内

ステージIVのママが遺した本に反響 多くの人の心を打った「家族愛」

青森市内の神社にお宮参り(2020年10月)

青森市内の神社にお宮参り(2020年10月)

 21才で大腸がんステージIV宣告、22才で結婚、23才で出産。「母である自分の姿を娘に知ってほしい」と、遠藤和さんは綴った日記を本にまとめていた。彼女の遺したまっすぐな言葉が、いま多くの読者の心を捉えている。

 2021年9月8日、約3年間の大腸がん闘病の末、亡くなった遠藤和(のどか)さん(享年24)。彼女が1才の娘のために綴った日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』が12月1日に上梓された(以下、《 》内は同書の引用)。

 それからわずか2週間ながら、大きな反響が編集部に寄せられている。

 和さんは、1997年青森県生まれ。2018年、21才で大腸がんステージIVの宣告を受けた。2019年末、22才でかねて交際を続けていた遠藤将一さん(30才)と結婚。2020年2月に、その結婚式の様子が『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)の「結婚式の旅」コーナーで特集され、注目を集めた。

《2020年2月5日(水)笑コラで、結婚式がオンエアされた。
バイト先の食堂に20人くらいで集まって見たけど、テレビの反響すごい。
知り合いから、LINEが止まらない。
 インスタには、ものすごい数のコメント。フォロワーもどんどん増えて、DMもめっちゃくる。ゲストで出てたさっしーも、いいねくれた。すごすぎ。感動。
 応援してくれる方ばかりで、幸せものだ。
 たくさんの人の目にふれて、がんの治療法の情報が入ってくるといいな。同じように病気で苦しんでいる人のためにシェアしたい。》

「優しいお母さんになりたい」と幼い頃から願ってきた和さん。2020年1月に新しい命を授かった。ただし、出産までの道のりは険しかった。妊娠18週で、卵巣へのがん転移が判明。7月9日、27週で帝王切開での出産に臨んだ。幸い母子ともに無事。娘はわずか980gで、すぐにNICU(新生児集中治療室)に運ばれた。

 出産から2か月後、和さんは卵巣摘出手術を行った。娘は順調に成長し、2020年10月に退院。和さんは抗がん剤治療を続けながら、育児に励んだ。2021年5月末、「余命は数週間単位」と告げられても、闘病を諦めず、家族とともに前を向いていた。

《2021年5月31日(月)
 朝、娘にミルクをあげて、洗濯をして、掃除機もかけた。
 昼、テレワークで家にいた遠藤さんのために、ペペロンチーノに生卵を落としたパスタを作った。ぺぺ玉。ずっと、こういうことがしたかった。
 家族と同じ空間で過ごす。家事をする。娘をあやして、抱きしめる。
 些細なことだけど、ものすごく尊く感じる。
 いまの私は、腸が腫瘍で押しつぶされてしまったので、固形物は食べられない。24時間、点滴で栄養をとっている。痛みを抑えるために、麻薬を入れ続けているから、ぼんやりすることも多い。それでも、ただ生きてるだけでこんなに幸せ。
 一生点滴でも、車椅子でも、絶食でもいい。ずっと、家族と一緒にいたい。24年間でいまが一番しんどいけれど、一番幸せ。》

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン