芸能

福原愛あのイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」

公園で談笑する福原と元商社マン

公園で談笑する福原と元商社マン

 年の瀬、都内の閑静な住宅街を仲睦まじく歩くカップル。身長差は20cmほどあろうか。女性が見上げるようにして男性に微笑みかけると、男性も優しい笑顔を返す。かつて卓球少女と呼ばれた元五輪メダリストの福原愛(33才)だ。その隣を歩く男性は、福原が「それでも一緒にいたいから」と誓う、紆余曲折を経て新たに人生をともに歩もうと決めた、新恋人──。

 福原にとって、今年はまさに激動の一年だった。

 2016年に結婚した台湾出身の卓球選手・江宏傑(32才)と、2人の子供と共に台湾で幸せな生活を送っていた福原は、今年の元日、日本に帰国。この頃、彼女は身も心もボロボロだった。

「江さんからのモラハラに苦しんでいた愛ちゃんは、離婚を決意。離婚協議も始まっていたといいます。日本で会社を設立し、生活の基盤を台湾から移す覚悟でした。その会社設立について相談した相手が、当時大手商社に勤めていた5才年下のAさんでした」(福原の知人)

 大谷翔平似で長身にパッチリ二重、早稲田大学から一流商社に就職したハイスペックなAさんと福原が知り合ったのは、彼がまだ大学生だった頃。共通の知人を介した食事会で2人は出会った。この頃は互いに連絡先を交換した程度だったが、会社設立に際して、知識も人脈も豊富なAさんのことを思い出した福原が久しぶりに彼に連絡。再会を果たした2人は、“横浜デート”を楽しんだ。これが今年2月下旬のこと。

 当時、2人の逢瀬は女性セブンに「里帰り不倫」と報じられた。同時に江と離婚協議中であることも明るみに出て、日本と台湾を巻き込む大騒動となった。さらに事態は意外な展開を見せる。週刊文春がAさんが既婚者だったと報じ、“W不倫疑惑”として炎上したのだ。だが、前出の福原の知人はこう代弁する。

「愛ちゃんは男女の関係を否定しています。お互い悩みを相談し合う相手だったと聞いています。Aさんも学生時代から交際をしていた女性と結婚はしていましたが、あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していたとか。お互いに“離婚へ向かっていた”という共通点もあり、あくまで友人として関係が深くなっていきました。ただ“疑惑”と報じられたため、2人で会うのは難しい空気に。連絡も一時絶っていたそうです」

 そして7月、福原と江の離婚が成立。二児の親権は江にわたったが、福原が子供の母親であることには変わらず、今でも頻繁にテレビ電話をする仲だという。そんな中、Aさんも11月初旬に正式に離婚が成立していた。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン