芸能

司会と歌手で出場した水前寺清子、紅白への思い「勝負にこだわってほしい」

水前寺

歌手と司会の両方で紅白に出演した水前寺清子

 今年は有観客で開催されるNHK紅白歌合戦。司会を紅組白組で区別せず、単なる“司会”に統一するという変化もあった。司会といえば、では、紅白が高視聴率を誇った昭和の時代に、歌手と司会の両方で活躍したのが、水前寺清子だ。水前寺が当時の思い出を振り返る。

 1965(昭和40)年の第16回に『涙を抱いた渡り鳥』で初出場して以来、歌手として22回連続出場した水前寺清子。紅組司会も4回経験し、昭和の紅白を支えた立役者の1人だ。

「デビュー1年目で紅白に出場できると聞いたときは、驚き、感動しました。大晦日の数日前から音合わせとリハーサルが始まりますが、とにかく気持ちが舞い上がっていました。楽屋は男女別に4〜5人くらいずつに分かれていたと思いますが、緊張しすぎて何をどう過ごしたか、お弁当が出たのか食事をしたのかも、記憶にありません。ただ衣装は、楽曲に寄り添った衣装にしたいと、こだわって考えましたね」(水前寺・以下同)

 1979年紅白では、優勝に導いた紅組司会者として胴上げをされている。また同年は、結婚・引退を控え、最後の紅白となった山口百恵さんの曲前に、「三浦友和さんとの愛を告白し、いじらしい乙女心も見せてくれました」と、心のこもった曲紹介を行った。

「最初に『司会をしたら歌は歌えないの?』と不安になったのを覚えています。初司会では緊張しすぎて、選手宣誓の際、昭和43年を34年とミスしちゃいましたね(笑い)。

 私が初出場したときに素晴らしい曲紹介をしていただいたので、自分が司会者になったときは、それぞれの歌手がいちばん言ってほしいことを事前に取材したんです。

 当時は“絶対に紅組優勝”と、とても勝ちにこだわっていましたが、いまは紅白に分かれても仲よしですよね(笑い)。ただ、勝負にはこだわってほしい! 勝負にこだわれば、歌手の皆さんの気持ちももっともっと上を向くし、最高の歌い納めになると思います」

【プロフィール】
水前寺清子/1945年、熊本県生まれ。1964年デビュー。最新アルバム『水前寺清子全曲集~真実一路のマーチ・三百六十五歩のマーチ~』が発売中。

取材・文/北武司

※女性セブン2022年1月6・13日号

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン