芸能

キーワードは「人気芸人」「子役出身」2022年のブレーク候補俳優たち

ブレイク芸人

左からニューヨークの嶋佐和也、空気階段の鈴木もぐらと水川かたまり、ニューヨーク屋敷裕政(写真/嶋佐のインスタグラムより)

 2021年もたくさんの俳優がブレークしたが、2022年は新たにどんな俳優が存在感を示すのか? コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、2022年のブレーク俳優を予想します。

 * * *

俳優としてブレーク期待の人気芸人

「第7世代は、ちゃんと演技してる」と指摘した明石家さんまサン(66)に対し、「よお見てはる」と驚嘆の声をあげたのはフットボールアワーの後藤輝基サン(47)でした。確かに“お笑い第7世代”は、漫才でもコントでも、しっかり演技をしていて、「霜降り明星」のせいやサン(29)のように2020 年、「日曜劇場『テセウスの船』」(TBS系)で重要な役どころを演じたかたもいらっしゃいますよね。

 ネプチューンの原田泰造サン(51)やドランクドラゴンの塚地武雅サン(50)、最近では、ずんの飯尾和樹サン(52)ら、ドラマに引っ張りだこな先輩芸人さんもいらっしゃるなか、“本業”でも、しっかりした演技をしている若手が今後、ドラマからオファーされるのは自然な流れ。

 2021年、Kis-My-Ft2の北山宏光クン(36)とSexy Zoneの佐藤勝利クン(25)がW主演した『でっけぇ風呂場で待ってます』(日本テレビ系)では、シソンヌのじろうサン(43)や、ハナコの秋山寛貴サン(30)、かが屋の賀屋壮也サン(28)、空気階段の水川かたまりサン(31)が台本も書き、担当回に出演して話題を呼びました。

 私は『キングオブコント2021』で優勝した空気階段の鈴木もぐらサン(34)や、準優勝のザ・マミィの酒井貴士サン(30)、ニューヨークの嶋佐和也サン(35)らのドラマ出演に期待しているところ。味のある演技をしてくれるハズです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン