• TOP
  • 国内
  • 第1回〈小室夫妻 愛の軌跡〉運命の出会いから婚約内定会見まで

国内

2021.12.29 21:00  NEWSポストセブン

第1回〈小室夫妻 愛の軌跡〉運命の出会いから婚約内定会見まで

眞子さま

ご結婚が暗礁に乗り上げている眞子さまと小室氏(写真は2017年9月、東京・港区。JMPA)

 2021年10月、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが結婚会見を行い、正式にご結婚されました。交際が始まってから約9年。その道のりは険しく、決して平坦なものではありませんでした。今回は結婚までの経緯を改めて振り返り、おふたりが結ばれるまでの愛の軌跡を辿りたいと思います。まずは2012年6月の出会いから、婚約内定会見までの経緯を振り返ります。【全3回の第1回】

2012年6月 眞子さまと小室圭さん「運命の出会い」

ICUにご入学された眞子さま

ICUにご入学された眞子さま

 学習院女子高等科を卒業した眞子さまは、2010年4月、AO入試で国際基督教大学(ICU)教養学部にご入学された。一方、小室圭さんは都内のインターナショナルスクールを卒業後、同年9月にICUに入学。おふたりが出会ったのは2012年6月、同大学キャンパスでのことだった。出会いからわずか2か月後、2012年8月から眞子さまは約1年間の交換留学のために渡英するが、その頃には交際がスタートしていたという。

 当初、眞子さまの婚約をスクープしたNHKの報道(2017年5月)では、出会いの場を「5年ほど前、東京・渋谷区の飲食店で開かれた留学に関する意見交換会の席」としていたが、のちに眞子さまがこれを否定。

 婚約内定会見(2017年9月)で、眞子さまは圭さんとの馴れ初めについて「国際基督教大学が交換留学生のために教室で行った説明会でのことでした。そのとき私が座った席が、小室さんの座った席の後ろであったことがきっかけとなりました」と語っている。さらに圭さんも「2012年の交換留学に伴う大学構内での説明会でした」と続け、出会いは「教室」「大学構内」であることが強調された。

2013年12月 交際開始から1年で「プロポーズ」

2010年、「海の王子」だった頃の小室さん(時事通信フォト)

2010年、「海の王子」だった頃の小室さん(時事通信フォト)

「おつきあいをする人は結婚を考えられる人でありたい、という共通の認識がございましたので、結婚につきましては、当初より念頭にございました」──婚約内定会見でそう語った眞子さま。交際を始めてすぐの2012年8月に眞子さまは英国へ、圭さんは米国へと留学し離れ離れになったが、その間もおふたりは連絡を取り合っていた。

 そして帰国後、交際開始から1年余りが過ぎたとき、圭さんは眞子さまにプロポーズ。婚約内定会見での圭さんが語ったところによると「帰国後もお互いの気持ちを確認し合いながら、プロポーズに至りました。2013年の12月に、私から宮さまに『将来結婚しましょう』というように申し上げました。場所は都内で、食事のあと2人で歩いていた時であったと記憶しております」という流れだったようだ。

 そんなおふたりの交際とは、どのようなものだったのか。後に報じられたところでは、休日に美術館や映画館を訪れたり、レストランで食事するなど一般と変わらないデートだったというが、『女性セブン』(2021年2月18・25日号)によると、眞子さまは将来の義母である小室佳代さんとも親しくされていたという。同記事は皇室記者の言葉として、〈小室家のある横浜で頻繁にデート〉〈眞子さまがわざわざ佳代さんがパート勤務をする洋菓子店にケーキを買いに行かれたこともあった〉などのエピソードを伝えている。

 大学キャンパスでもおふたりの関係は〈公然の秘密だった〉といい、〈「まーちゃん」「けーくん」と呼び合う仲で、キャンパスが暗くなってからもベンチに腰掛け、長い時間を過ごしていた様子もよく見られていた〉との証言が伝えられている(いずれも前掲記事より)。皇族ではあるが、ごく普通の学生と変わらない青春を過ごされていたことがわかる。

関連記事

トピックス