国内

アダルト動画を配信する一般人の台頭 最高月収2500万円の猛者も

トップ配信者に密着(イメージ)

トップ配信者に密着(イメージ)

 素人が動画投稿で億万長者になる──YouTuberたちが切り開いたこの流れが、「アダルト」の世界にも押し寄せている。どこにでもいる一般人が、スマホで自らの性行為を撮影・配信し、巨額のカネを稼いでいるというのだ。数百万人の視聴者を抱えるトップ配信者に密着した。

 無造作に布団がはだけた自宅のベッドで絡む、マスク姿の若い男女カップル。カメラアングルにこだわる監督も、吐息まで拾う音声スタッフもそこにはいない。どこにでもあるスマホで撮影されたものだ。昨今、こうした動画を世界に配信し、大金を稼ぐ者がいる。「Pornhuber(ポルノハバー)」と呼ばれる人たちだ。アダルトメディア評論家の尾谷幸憲氏が語る。

「アダルト動画サイト『Pornhub(ポーンハブ)』で、自らのセックスの動画を配信して対価を得る一般人を『ポルノハバー』と呼びます。プライベートの性行為をネットで全世界に配信してお金を稼ぐなんて驚きですが、参入者が絶えない。すっかり市民権を得たYouTuberのように、一攫千金を目指せる新たな職業として密かに人気が高まっています」

 2007年にカナダの運営会社によってサービスが始まったPornhubは世界最大級のアダルト動画サイトで、2019年のサイトアクセス数は約420億回。日本は世界2位の利用者数を誇るPornhub大国とされる。

「当初は既存のAVがアップロードされるなど違法性の高いサイトでしたが、2020年12月に方針を転換し、違法アップロードや児童ポルノなどに関わるとみられる不正動画を一斉に削除した。コンテンツの大幅減と同時に動画配信の仕組みを強化しサイトの健全化を進めるなかで、既存の海外の配信者を上回る勢いで日本人のポルノハバーが台頭しました」(尾谷氏)

 ポルノハバーが激増したもう一つのきっかけは、2021年5月にAbemaTVで放送された『給与明細』という番組だ。同番組に出演したポルノハバーが月400万円以上稼いでいることを告白し、「そんなに儲かるなら」と新規参入が相次いだ。

 ポルノハバーの基本的なビジネスモデルは“先輩”であるYouTuberと重なる。

「再生回数に応じて広告収入が入る仕組みはYouTubeと同じで、Pornhubの場合は一再生につき0.5~0.7円の広告収入が入ると言われている。またPornhubを入り口にして、そこで獲得したファンを有料会員制のファンクラブサイトに誘導すれば、収益が跳ね上がります。絶大な人気を誇る“トップポルノハバー”は月額2000円程度のファンクラブサイトを持ち、会員数10万人以上、月収1000万円以上を稼ぐ人もいる」(尾谷氏)

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン