スポーツ

元スノボ代表・國母和宏の今 ドレッド、鼻ピアスをやめてアパレル業に進出

迷言で注目を集めた國母和宏(写真/共同通信社)

迷言で注目を集めた國母和宏(写真/共同通信社)

「チッ、うるせーな」「反省してま~す」──。お騒がせ冬季五輪選手といえば、真っ先に思い浮かぶのが2010年バンクーバー五輪でスノーボード・ハーフパイプの代表だった國母和宏(33)だろう。

 出発時、成田空港にトレードマークのドレッドヘア、鼻ピアス、ヒゲに加え、「腰パン」「緩んだネクタイ」で現われたため批判が殺到。現地に到着後の共同会見で服装の乱れに質問が相次ぐと、ふてくされた表情で“迷言”を連発して火に油を注いだ。

 五輪本番では8位に終わったが、その後、國母のアスリートとしてのキャリアは輝かしい。

「海外での大会で優勝を連発し、2018年12月には『スノーボード界のアカデミー賞』ともいわれる『RIDERS POLL 20』で最優秀選手を獲得し、日本人初の快挙を成し遂げています」(スポーツ紙担当記者)

 しかし、2019年11月に大麻取締法違反容疑で逮捕される。翌年1月に懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けた。

「公判では大麻を14歳のころから使用していたことを明かし、大麻がすべて違法とは思わないなどと告白するなど反省した様子は見られなかった」(社会部記者)

 現在、國母の姿は生まれ育った北海道ではなく、長野県にあった。

「2か月くらい前に家族で引っ越してきたね。人付き合いを避けているようで、近隣でも知っている人は多くないよ」(近隣住民)

 國母に話を聞きに行くと、自宅からスキーウェア姿で現われた。トレードマークだったドレッドヘアと鼻ピアスはやめており、落ち着いた印象だ。取材の意を伝えると、丁寧な物腰でこう答えた。

「こちらも色々とあって……今は家族と静かに暮らしたいと思います」

 近況について國母の知人が後を引き取る。

「子供への影響を考えて引っ越したと聞いています。現在はアパレル業に進出し生計を立てている。本人はタイムや順位を競う“競技者”ではなく、テクニックを見せる“表現者”としてプロ活動を続けていきたいようです」

 今では心から反省したようだ。

※週刊ポスト2022年1月14・21日号

関連記事

トピックス