芸能

船越英一郎が22才年下女優・松下萌子と交際 クリスマス、正月をともに過ごす

松下が船越に贈ったチョークアート(写真は松下のインスタより)

松下が船越に贈ったチョークアート(写真は松下のインスタより)

船越の自宅に自然に出入りするように

 船越の離婚は一筋縄ではいかなかった。船越が離婚を切り出してから2年、泥沼離婚劇が待っていたからだ。船越と松居一代(64才)は2001年結婚、おしどり夫婦として知られていたが、その歯車は狂い始めていた。

「松居さんは船越さんがすべてというふうになっていましたから、ロケ先からも1日に5回の電話を義務づけたり、船越さんの浮気を疑った松居さんが、船越さんの荷物を自宅からすべて運び出すという騒動もありましたね。それも堪え忍んでいたんでしょうが、2015年11月に、船越さんから離婚を切り出したと報じられたときには、やっぱりこのときが来たかと関係者は妙に納得したものです」(芸能関係者)

 その後は別居生活を送り、数回の話し合いの末に一時は2017年2月に離婚合意で話がまとまった。しかし期限が来ると、松居は思わぬ行動に出た。

「松居劇場といわれる一連の出来事ですね。離婚に応じないと主張し始めた彼女は “もし離婚するならすべてを暴露する”と態度を硬化させていった。船越さんに“死ぬ”と伝えて、行方不明になったこともありました。これには船越さんも“もう無理”と感じたのでしょう。離婚調停申立書を裁判所に提出しました」(前出・芸能関係者)

 すると、松居はSNSや動画配信サイトで、次々と主張や暴露話を展開した。

「名誉毀損やプライバシー侵害の裁判に発展しそうな状況でした。一方で船越さんは、松居さんに対する恨み節を口にすることはなかった。性格もあるでしょうが、松居さんとこれ以上かかわりたくないという気持ちが伝わるようでした」(前出・芸能関係者)

 その傷を癒したのが、松下なのか。

「離婚から3年はみそぎの期間といいますか、絶対に誰とも交際できないとかなり慎重になっていたようでした。船越さんは1年ほど前に腰を悪くして入院していたのですが、そのとき萌子さんは元気づけるような連絡をマメにいれてくれたそうです。コロナの影響で大人数での外食が難しくなり、船越さんの自宅で少人数のホームパーティーが何度かあったのですが、萌子さんも彼の家に自然と出入りするようになっていったようです」(船越の知人)

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト