国内

家康「しかみ像」の謎 「三方ケ原の戦い」と無関係、仏像模した説も

しかみ像として伝わる絵図を模して作られた石像。家康の出身地である愛知県岡崎市の岡崎公園内にある(筆者撮影)

しかみ像として伝わる肖像画を模して作られた石像。家康の出身地である愛知県岡崎市の岡崎公園内にある(筆者撮影)

 三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が好調なスタートを切ったばかりではあるが、NHKはすでに2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』の制作を決定し、先月末には脚本家や出演者らが集っての記者会見が行われた。令和の時代に新たな家康像を演じるのは、アイドルグループ嵐の松本潤。今年から来年にかけては、各地で徳川家康にまつわるイベントなどの盛り上がりが予想される。そうしたなか、家康を描いた有名な肖像画にまつわる定説が覆る事態が起きているという。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 徳川家康は江戸幕府の創業者。その家康の肖像画は複数現存するが、記憶に残るという点では、頬杖をしながらしかめっ面をした「徳川家康三方ケ原戦役画像」、俗に「しかみ像」と称されるものが群を抜いているのではなかろうか。

 その「しかみ像」について、近年、定説が覆り、静岡県浜松市や愛知県岡崎市の展示施設などでは、従来掲げていた解説を撤去したり、展示の見直しを検討したりするなどの動きが出ているという(『東京新聞TOKYO Web』1月4日付「徳川家康「しかみ像」は慢心の戒めに描かせたのではなかった? 三方ケ原の負け戦とは無関係とする新説」より)。

 定説として語られてきた「しかみ像」の由来はこうだ。まだ織田信長も存命な戦国時代末期、家康は重臣たちの反対を押し切り、甲斐の戦国大名、武田信玄みずから率いる大軍に戦いを挑んだ(三方ケ原の戦い)。案の定、大敗北を喫し、命からがら逃げ戻った直後、慢心への戒めとして家康自ら絵師に描かせたのがこの「しかみ像」である──そう語られ、逸話としての面白さも重なり、小説やドラマでも長らく踏襲されてきた。

 ところが、2015年8月、尾張徳川家伝来の品々を中心に収蔵する徳川美術館の学芸員(当時)だった原史彦氏(現、名古屋城調査研究センター主査)が徳川美術館で開かれた講演会で「しかみ像」についての従来説を覆す新説を公表した。前掲の東京新聞記事によると、その概要は以下の4点にまとめられる。

 

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン