国内

東大前刺傷事件で逮捕の少年 「勉強」への強いこだわり示す中学の卒業文集

現場

犯行現場の東大農正門前(写真/アフロ)

 東京メトロ南北線・東大前駅。受験勉強に打ち込んできた学生たちが、参考書を片手に大学入学共通テストの会場の東京大学へと向かうなか、Aはひとり焦っていた。何一つうまくいっていない──南北線車内で液体をまき、持っていたリュックサックごと火を付けようとしたがうまく付かない。Aは諦めてリュックサックを電車内に放置して東大前駅で下車。駅の階段で着火剤に火を付けて投げるも燃え広がらない。何度やっても同じだった。

 焦りと興奮が交じるなか、物を落としたことを男子学生に指摘される。その指摘に反発する言葉を叫びながらマッチをこすり火を付けて学生の方に投げるが、これもまた燃え広がらない。失敗が続き、罪を犯す決意を固めた人間なりの自尊心が傷ついたのか。それとも何一つうまくいかないことで、普段の自分がフラッシュバックしたのだろうか。Aは自らの拠りどころを急に叫び始めた。

「おれは偏差値73のX高校だぞ!!!」

 この叫び声をあげてから間もなくの午前8時半、Aは3人を立て続けに包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕された。Aは17才の高校2年生だった。

深夜バスで上京、犯行前に制服姿に

 大学入学共通テスト初日の1月15日。Aが地元の名古屋から東京に来たのは、犯行に及ぶ2時間半前のことだった。

「前日の朝に制服姿で自宅を出たものの、学校を無断欠席しています。その日の足取りは不明ですが、途中で私服に着替え深夜バスに乗車し、名古屋から東京駅に向かって午前6時頃到着したようです。犯行前に再度、高校の制服に着替え直しています」(全国紙記者)

 その後、Aは東大周辺を一度下見していることを警察に供述している。冒頭のボヤ騒ぎを駅構内で起こした後、Aは東大前駅の出口を出てから胸ポケットに忍ばせていた刃渡り12cmの包丁を取り出した。

「駅から東大の農正門までの道を走りながら、次々に人を刺していったようです。まず72才の男性の右背中を刺し、その後17才の女子高生の左背中、最後に男子高生の右背中を刺しました。72才の男性は肺に血がたまって重傷です。

 Aの供述によれば男性を狙ったのは『駅を出てから最初に目にしたから』。下見をしていたことから無差別大量殺人を計画していたものとしてAから事情聴取をしています。使用した包丁のほかにナイフやのこぎり、栄養ドリンクの瓶に着火剤を差した火炎瓶のようなものが見つかっています」(前出・全国紙記者)

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン