芸能

時代劇デビューの大橋未歩アナ “老い”や“やつれ”は「素の姿」で高評価

演じたのは武士の夫を口封じのために殺され、悲しみにくれる妻役(時事通信フォト)

演じたのは武士の夫を口封じのために殺され、悲しみにくれる妻役(時事通信フォト)

 元テレビ東京で現在はフリーの大橋未歩アナ(43)が時代劇で「女優デビュー」を果たした。大橋が出演したのは1月9日に放送された東山紀之(55)主演の人気時代劇シリーズ『必殺仕事人』(テレビ朝日系)の初回。演じたのは武士の夫を口封じのために殺され、悲しみにくれる妻役だ。

 自身の演技に手応えを感じたのか、大橋アナは放送前日のインスタグラムに自虐を交えてこんな投稿をした。

〈1つだけ自信があるのが「やつれ」 メイクさんに「唇もカサカサでよし! 目の下のクマも隠さないでいきましょう」と言っていただき 悲嘆に暮れる「やつれ」は素の姿でだいたいまかなえたということでしょうか笑 自分の「老い」が仕事で肯定されるのは人生の歩みそのものを肯定されている気がしてとても有り難く嬉しかったです〉

 放送を観た民放ディレクターはこう評価する。

「夫を殺されるという複雑な役でしたが、離婚と再婚を経験した大橋さんだからこそ悲しみにリアリティーがあった。自身のやつれや老いまで魅せるというのは、並の新人女優にできることではありません」

 芸能評論家の三杉武氏は、大橋アナの女優業に新たな可能性を見る。

「田中みな実アナ(35)や宇垣美里アナ(30)のように女優業に力を入れる女子アナが増えてきていますが、みな最初はイメージ通りの華やかな役が当てられるなか、大橋アナは真逆の暗い役でデビューしました。

 しかも、『時代劇』という、ライバルたちと差別化が図れるジャンルとは目の付け所がいい。インスタで『老い』に言及したのも、他の女子アナとは違う渋さを出していきたいという意思表示でしょう。今回の演技の評判もいいですし、今後は女優オファーも増えていくのでは」

 女優・大橋未歩に夢中!

※週刊ポスト2022年1月28日号

大橋未歩アナ

大橋未歩アナ

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン