芸能

有吉弘行&夏目三久が極秘結婚式 有吉母も「ただうれしいだけ」と感無量

結婚式を挙げた夏目三久と有吉弘行

結婚式を挙げた夏目三久アナと有吉弘行(写真は2012年2月)

 昨年4月に結婚した有吉弘行(47才)が、1月9日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、年明け早々に結婚式を挙げていたことを明かした。

「結婚式したんですよ、私」。その告白はあまりにも突然だった。「広島でしたんですよ」「家族だけでね」と有吉は、ポツポツと言葉を継いでいた。

「有吉さんは、『寒かったので夏にすればよかったなあ』と話すなど、終始、照れ隠しをしていた様子でした。ホテル併設の式場だったようで、ホテルスタッフが皆『おめでとうございます』と声をかけてくることに感心していました」(テレビ局関係者)

 式を挙げた相手はもちろん、昨年結婚した夏目三久(37才)だ。2007年に日本テレビのアナウンサーとなった夏目は、2011年に同社を退社。その後はフリーとして活躍してきた。

「他局への初めての出演が、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、有吉さんが夏目さんをいじり、夏目さんがそれをやんわりといなしながら進行する掛け合いをしているうちに、ぐっと距離が縮まったんだとか。この番組のおかげで夏目さんは局アナ時代よりもずっと人気者になり、2014年には『あさチャン!』(TBS系)のMCに抜擢されるなど順調に仕事をこなしていました。そうしたなか、2016年、日刊スポーツが有吉さんとの交際・結婚、さらには妊娠を“スクープ”し、大きな話題になったのです」(芸能関係者)

 ところが、両者の所属事務所はこの報道を完全否定。当事者のふたりも全面的に否定し、日刊スポーツが謝罪記事を掲載したことで、この報道は“幻”となり、ふたりの関係もうやむやとなった。この騒動から結婚が現実のものとなるまでに、5年もの沈黙の時間があったわけだ。

 結婚発表の際には、ふたりと共演してきたマツコ・デラックス(49才)がウエディングドレス姿で祝福し、夏目に「次はアンタがこれを着てくるのよ」と声をかける一幕もあったが、その後、夏目は花嫁姿でテレビに出ることはなく、2021年9月いっぱいでレギュラー番組をすべて降り、芸能界を引退した。

「いまどき珍しい、古風な選択が話題になりました。その理由を有吉さんは『離婚の原因は、すれ違いか価値観の違い。すれ違いだけでも潰しておくため』と説明していました」(前出・テレビ局関係者)

 それからはや3か月。有吉の地元でひっそりと挙げられた結婚式は、夏目の悲願だった。

「夏目さんは結婚式に強い憧れを持っていましたし、芸能界でのキャリアを捨てて家庭に入ることを選んだ夏目さんにとって、結婚式は一般人としての第二の人生のスタートでもあったようです。

 有吉さんは以前は挙式に消極的で、夏目さんがいくら理想のプランを話しても、『マツコさんに来ていただけるなら』などと、のらりくらりと逃げていたんだとか(笑い)。しかし、夏目さんの強い思いに触れ、親にも花嫁姿を見せてあげたいと、挙式を真剣に検討するようになりました。夏目さんも、トレードマークだったショートヘアを伸ばして挙式に備えていたようです」(前出・芸能関係者)

 その結果、記念すべき挙式の場として選ばれたのは、意外にも有吉の地元・広島。その選択の理由には、ふたりの家族への強い思いがあった。

関連記事

トピックス

幅広い世代を魅了する綾瀬はるか(時事通信フォト)
《SixTONESジェシーと真剣交際》綾瀬はるかの「塩への熱いこだわり」2人をつなぐ“食” 相性ぴったりでゴールインは「そういう方向に気持ちが動いた時」
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン