芸能

『鎌倉殿の13人』も期待 “三谷幸喜の大河”3作の共通点は

(Getty Images)

“ホームドラマ”からの展開が見もの(Getty Images)

「首チョンパ」「ゾッコン」「平家をぶっ潰すぜ!」──今年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、スタート早々こんなセリフで話題となった。鎌倉幕府成立前後の中世日本が舞台だが、登場人物たちは生き生きと時代劇らしからぬ言葉を口にする。それもそのはず、脚本を手掛けているのは三谷幸喜。『真田丸』以来となる“三谷大河”の見どころを探った。

 1月9日から放送開始した『鎌倉殿の13人』は、俳優の小栗旬が演じる北条義時を主人公に、鎌倉幕府誕生の過程から初代将軍・源頼朝(大泉洋)の死後に繰り広げられる権力争いまでを描く大河ドラマ。初回の平均世帯視聴率が17.3%と好発進を切ると、16日に放送された第2回でも14.7%を記録。同時間帯の番組の中では2週連続でトップを記録した。

 とりわけ反響を呼んだのがユニークなセリフ回しだ。第1回の放送で義時の父・北条時政(坂東彌十郎)の口から「(平将門は)最後は首チョンパじゃねえか!」というセリフが飛び出すと、ネット上は大盛り上がり。Twitterで「首チョンパ」がトレンド入りを果たし、視聴者からは「面白すぎる」「さすがに笑った」「最高」「テンポ良くて飽きない」といった声が相次いだ。

 コミカルなシーンを小気味よく取り入れた『鎌倉殿の13人』の脚本を手がける三谷幸喜といえば、これまでも『新選組!』(2004年)や『真田丸』(2016年)で大河ドラマの脚本を務め、時代劇の“マナー”を時に逸脱するようなユニークな台詞や演出が話題を集めてきた。

 三谷脚本の巧みさについて、『テレビドラマクロニクル 1990→2020』(PLANETS)の著書があるドラマ評論家の成馬零一氏はこのように指摘する。

「平安末期から鎌倉前期という、大河ドラマではあまり描かれていなかった時代を北条家の視点から描くという難題を、三谷幸喜がどうクリアするのか楽しみです。『首チョンパ』という言葉まで飛び出すくだけた会話劇は、馴染みのない時代を視聴者にわかりやすく伝えるための戦略だろうと思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン