芸能

『笑点』林家三平→桂宮治“電撃交代”の舞台裏で何があった?

三平は精神的に疲れちゃった?(時事)

三平は精神的に疲れちゃった?(時事)

 日曜夕方の国民的番組といえば、『サザエさん』と『笑点』だろう。その『笑点』で、昨年末に最年少メンバーの林家三平(51)が突然「卒業」して視聴者を驚かせたが、1月23日の放送では、それに代わる新メンバー、桂宮治(45)がお披露目される。メンバーはいったん決まるとほとんど入れ替わりがないことも同番組の特徴だけに、三平がわずか5年で交代したことについては、芸能マスコミの間でも様々な憶測が流れ、なかには「名人とうたわれた先代・三平の七光りだけで実力がなかった」といった厳しい声も出ていた。

 しかし、プロの眼から見ると“電撃降板”はそこまでの驚きではなかったようだ。落語に造詣が深いコラムニストの堀井憲一郎氏はこう読み解く。

「笑点は、個々の落語家が特別おもしろい必要がある番組ではありません。むしろベテランのメンバーが一生懸命に冗談を言い合って、いつ見てもおなじみの掛け合いを繰り返しているところが長寿の秘訣です。そのかわり出演者には口数や瞬発力が求められますが、そういうタレント性に長けた落語家というのは実はそう多くはないのです。

 三平さんの降板も、落語家としておもしろい、おもしろくないという点は全く関係なく、おそらくメンタル面で大変だったのだと思います。笑点でのキャラクターは、ご本人の日常や高座の姿とは必ずしも一致しない。番組でのキャラクターを確立して演じ続けなければならないから、そうした部分がしんどくなっていたんじゃないですか。三平さんをバッシングした人たちは、彼が叩きやすいから叩いていただけですよ」

 落語評論家の広瀬和生氏も三平に同情的だ。

5年前にはメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だが……(時事)

5年前にはメンバーに囲まれて満面の笑みだった三平だが……(時事)

「あの番組の視聴者は決して若くないですから、なじみのない新メンバーが適応していくのは大変です。三平さんは最後まで適応できませんでしたね。先輩メンバーからあまりイジられなかったし、それならいっそ“つまらない男”というキャラにしちゃえばよかったのかもしれませんが、それもできませんでした」

 良くも悪くも「変わらない」ことが特徴の笑点で、三平に代わって加入した宮治は大丈夫なのだろうか。もし二人続けて若手メンバーが早期にリタイアするようなことがあれば、番組の明るいイメージにも傷がつきかねない。そこについては堀井氏は楽観的だ。

「宮治さんなら大丈夫だと思います。人に好かれるタイプですし、場持ちがいい人です。精神的にも図太いところがあって、もし孤立するようなことがあっても心配ないでしょう。

 もちろん宮治さんにとっても、どういうキャラクターで、どういうポジションを取るかが成功のカギになります。高齢の視聴者にとってもわかりやすいことが大事で、女好きとか、ギャンブル好きとか、自分勝手とか、なんでもいいから彼の明るさや賑やかさにマッチするキャラクターがついてくると安泰です。最初からコレと決めるより、出演して場数をこなしていくうちに、そういうキャラクターが定まっていくのが理想ですね」

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン