芸能

『鎌倉殿の13人』秘話 頼朝演じる大泉洋「娘に見せられない」のボヤき

大泉洋の演技に

大泉洋は「娘には見せられない」と

 大河ドラマらしからぬコミカルな掛け合いが続いたかと思えば、次のシーンでは親子間であっても兵を向け、命を奪い合う。緩急のあるストーリー展開に早くも目が離せない人も多いだろう。三谷幸喜(60才)が脚本を担当するNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、第1話の平均世帯視聴率(関東地区)が17.3%、第2話も14.7%と、好調なスタートを切った。

 キャストも豪華で、主人公・北条義時を小栗旬(39才)が演じ、第1話のラストでは大泉洋(48才)が、“女装した源頼朝”として登場。後白河法皇役として西田敏行(74才)、平清盛役として松平健(68才)が出演し、結婚後初のドラマ出演となる新垣結衣(33才)は頼朝の最初の妻である八重役、北条政子役を小池栄子(41才)、義時の継母・りく役を宮沢りえ(48才)が演じる。

「2度目の大河出演で北条政子という大役を任された小池さんは、政子の恋敵である八重を供養している伊豆の眞珠院を訪れたそうです。すると、突然ものすごい風が吹いて車のドアが壊れ、外に出られなくなったのだとか。『八重さんに歓迎されなかったみたい』と驚いていました」(NHK関係者)

 小池と夫婦漫才のようなコミカルなやり取りでお茶の間の笑いを取っている大泉は、せっかくの大河出演なのに「娘には見せられない」とこぼしているという。

「武家の棟梁となった頼朝は、次第に血も涙もないような冷徹な決断を下すようになる。そんな姿をまだ小学生の娘さんに見せたくないんでしょうね」(ドラマ制作スタッフ)

 体調が万全ではないなかでも出演を快諾した西田も撮影に食らいついているという。

「和装での撮影はとにかく体力を消耗してしまう。なので、野外の撮影シーンでは後ろ姿を“影武者”が演じることも。その分、正面からのカットでは、毎回すごみのある演技を見せてくださっています」(前出・NHK関係者)

 キャスト・スタッフの深い絆で、ドラマの快進撃はまだまだ続きそうだ。

※女性セブン2022年2月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン