芸能

タモリ、ビートたけしら担当 『ANN』プロデューサーが明かすおもしろさの秘密

8年間の歴史に幕を閉じる『バイキング』の前、フジテレビのお昼の顔だった

タモリが『ANN』を担当したのは1983年まで。その前年にはフジテレビ系列で『森田一義アワー 笑っていいとも!』が始まった

 ニッポン放送のラジオ深夜番組『オールナイトニッポン』(以下『ANN』)が今年、放送開始55周年を迎える。数々の社会現象を巻き起こした怪物番組の舞台裏とは──。1970〜1980年代の『ANN』を彩った、タモリ、ビートたけし、中島みゆきのときの番組プロデューサーだったのが、メディアプロデューサー、パーソナリティーの土屋夏彦さんだ。タモリの番組は入社2年目で担当した。

「タモリさんは1976年から1983年までパーソナリティーを務めましたが、私が担当したのは最後の1年。番組開始当初は無名だったタモリさんも、この頃にはスターダムにのし上がっていました」(土屋さん・以下同)

『ANN』のパーソナリティーに抜擢された当初のタモリは、漫画家の故・赤塚不二夫さんの家に居候し、でたらめな外国語のコントなどを披露していた。そのアングラな笑いが反響を呼んだ。

「一緒に番組を作っていて感じたのは、タモリさんは相手のおもしろい部分を引き出すのがうまい“触媒”であること。構成作家、ゲスト、そして、リスナーのはがきから、おもしろい部分を見つけて引き出す。自分の話は一切せず、まわりを“いじる”のが上手なんです」

 たとえばこんなことがあった。タモリの『ANN』を担当する構成作家が、無断欠勤した。するとタモリはリスナーに、「来なかった理由を当てた人に、本人から1万円を贈呈します」と宣言。

「そんなことになっているとは知らない構成作家は、翌週に欠勤理由を番組で話します。それをリスナーは大笑いしながら聴くわけです。しかも、何十人ものリスナーが欠勤理由を的中させたはがきを投稿していた。そしてタモリさんは構成作家に“(自腹で)1万円を払え”と迫るのです」

 構成作家は泣いてスタジオを飛び出し、レコード室にこもってしまったという。

「それすらも中継しましたからね(笑い)。悪ノリではありますが、リスナーと共に楽しんでいるので“共ノリ”なんです。こういうことができたのが、当時のラジオでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン