芸能

星野源&新垣結衣、セレブなファミリー向け物件で同居 岡村隆史が助言か

“逃げ恥婚”の新垣(左)と星野

“逃げ恥婚”の新垣(左)と星野

 都内の高級住宅街の高台に立つ瀟洒なマンション。150平方メートル以上が大半で、広い部屋では300平方メートルもあるセレブなファミリー向け物件に、昨年秋頃、超人気者夫婦が入居した。星野源(41才)と新垣結衣(33才)である。ふたりの新居は、これまで“論争”を生むほど注目されてきた。

「昨年5月に結婚を発表して以降、夫婦はしばらく同居しないままでしたが、年末にある週刊誌が、“いまだ別居中”と報じたことで、ファンがインターネット上で疑問の声を上げ始めたんです。“さすがに半年も同居しないのは変だ”、“不仲なのか”というネガティブな声もあった。ですが、その少し前に星野さんが連載する雑誌で、同居を明かしていたことがわかり、ファンはほっと胸をなでおろしたんです」(芸能レポーター)

 こうした経緯もあってか、ふたりの住まいは注目を浴び、次第にファンの興味は「では、どんな新居に住んでいるのか」に移っていった。星野と新垣はかつて同じマンションの別棟に住んでいた時期がある。そこは芸能人が多く住むエリアのセキュリティーが万全な物件だった。だが、新居はそんな芸能人御用達マンションではないようだ。

「愛の巣選びには、“相談役”の名前も挙がっています。それがナインティナインの岡村隆史さん(51才)です」(芸能関係者)

 星野と岡村は、5年以上もラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のレギュラーを務めるという共通点があり、岡村は星野が着ている洋服を真似して購入するほどの星野ファンでもある。

「岡村さんは星野さんのことを“源さん”と呼び、プライベートでも連絡を取り合う仲です。ふたりの結婚を心の底から祝福していました。その縁もあって星野さん夫婦の新居は、実は岡村さんが住む場所の“ご近所”に決めたようです。そこはいわゆる芸能人向けマンションではありませんが、セキュリティーレベルも高く、人目につきにくいエリア。安全な新居を探していたふたりに岡村さんが助言したようですよ」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト