ライフ

解熱鎮痛剤や痛み止めに対する医師の本音 安易に処方するリスクを解説

(写真/Getty Images)

医師たちの本音は?(写真はイメージ、/Getty Images)

「では、今日のぶん出しておきますね」──病院では見慣れた光景だが、本当にその薬は必要なのか。リスクはないのか──。ある意味で「命綱」となる処方薬で、かえって健康が損なわれるケースも存在する。処方箋を書くウラで、医師は一体何を考えているのか。そしてその処方薬について、本当はどう思っているのか。現役医師に話を聞いた。

【座談会に参加した現役医師たち】
A男(50才)内科クリニックを開業
B子(42才)総合病院の内科勤務
D美(49才)総合病院の整形外科勤務

 生理痛や頭痛など幅広い症状に対応するのが解熱鎮痛剤。コロナワクチン接種後に服用したという人も多いはずだ。「痛みが出たときに備えて念のため」と処方を依頼する患者も少なくないが、医師たちの本音は手厳しい。

B子「患者さんから『頭痛や生理痛のときのために鎮痛剤が欲しい』と言われて出すけれど、私自身はのんだことがありません。特に『ロキソプロフェンナトリウム水和物』は名指しで出してほしいと言われることが多い人気薬。たしかによく効きますが、実は胃痛や呼吸困難、腎機能の低下など、副作用の報告も多い。

 これをダラダラと長期にわたって処方する医師もいるようですが、ウイルス感染症のときに使うと重篤化する可能性が高いという報告が複数上がっているものの、それを知らない医師も多く、大きな問題だと感じます」

D美「整形外科では痛み止め薬を頻繁に処方しますが、その中でも『自分ではのみたくない』と、特に思うのは『プレガバリン』と『ジクロフェナクナトリウム』。両方、薬そのものの効能が強いぶん、長く使い続けると依存性が高い。

 特にプレガバリンは神経障害性の痛みに効くといわれますが、しびれや神経痛は数値化できないゆえに、依存もしやすい。“お守り”のような感覚で処方を訴える患者さんもいますが、めまいや意識障害など副作用も報告されています。簡単に処方するような薬ではないと考えています」

B子「『プレガバリン』は即効性が高いから患者さんにも人気がありますよね。だけど、胃痛や吐き気などの胃腸障害、むくみや低体温を起こすことも少なくない。同じ病院の整形外科の医師を見ていると、患者さんにお願いされたからといって、あまりにも簡単に処方しすぎているように思えてなりません」

A男「処方のしすぎは、胃薬に対しても感じます。胃酸を強く抑える薬や、粘膜を保護する薬など、メカニズムの違うものがいろいろありますが、胃の痛みをとるなら1種類でいいはずなんです。それなのに一度に4〜5種類も出す医師もいる。6種類以上の薬を服用すると副作用の危険性が高まることがわかっているにもかかわらず、こうした処方がまかり通っているのはおかしな話です」

※女性セブン2022年2月17・24日号

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン