芸能

『鬼滅の刃』宇髄天元は「理想の上司」 フェアな厳しさが魅力

昨年12月に放送を開始した遊郭編が、最終回を迎える (c) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

昨年12月に放送を開始した遊郭編が、最終回を迎える (c) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 昨年12月に放送スタートしたテレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編がいよいよ2月13日に最終回を迎える。2月6日に放送された第10話『絶対諦めない』を筆頭に、遊郭編もたびたび「劇場版レベルの作画」と話題になり、ネット上では〈遊郭編を映画館で観たい〉〈再編集して劇場公開して〉と希望する声が相次いでいる。

 遊郭編の見どころのひとつが、鬼殺隊の音柱・宇髄天元の活躍だ。宇髄は元忍でありながら派手好きな性格で、劇中でも色男扱いされている“公式イケメン”。遊郭での任務において、主人公である竈門炭治郎たちを導く存在だ。3人の妻を抱える宇髄に対して、〈私を4人目の嫁にして〉と黄色い悲鳴を上げる女性ファンも少なくない。

 しかし実は宇髄は、鬼殺隊の主力である“柱”の中で、それほど高い戦闘能力を持っているわけではないようだ。他の柱たちほど才能に恵まれていないのは彼自身も認めるところで、「俺に才能なんてもんがあるように見えるか? 俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」と弱さを自覚するようなセリフを口にしている(もちろん柱である時点で十分すぎるほど強いのだが……)。

「良い上司」と「好かれる上司」は別もの

 ところで、無限列車編の特大ヒットで国民的キャラクターとなった煉獄杏寿郎(※「煉」の字は、正式には「火+東」)は、「理想の上司」としても話題になった。緊迫した状況でも明るさを保ち、炭治郎たち若手を成長させつつも全力で守る。たしかに煉獄の死後も炭治郎たちが彼を慕い続けるのは当然だ。

 しかし、宇髄の“上司力”だって負けてはいない。漫画IP(知的財産のこと)のグローバル展開を目指すダブルエルの代表取締役・保手濱彰人氏は、『鬼滅の刃』のご当地限定グッズも事業で扱うと同時に、同作品のファンを自認している。第一線を走るビジネスパーソンであり、熱心な『鬼滅の刃』読者でもある保手濱氏に、“上司としての在り方”という観点から宇髄の魅力を語ってもらった。

「そもそも『良い上司』と『好かれる上司』とは別ものであると理解しておく必要があります。リーダーシップにも通じる話ですが、チームのみんなに好かれていたところで、目標達成ができず、チーム全体を窮地に陥れてしまうリーダーでは元も子もありません。

『勝てないけれど、仲良しこよしで雰囲気の良いチーム』というのは、学校の部活などではアリかもしれませんが、ビジネスの場ではそうはいきません。結局のところ、利益を上げられずに自分たちの給料も上がらなければ、『何のために仕事をしているんだっけ?』という気持ちになっていくことでしょう。

 それよりも、厳しくても成長させてくれて、かつ成果を着実に出していく上司こそが、職場では理想的といえます。宇髄天元さんはそのような例の代表格といえます」(保手濱氏、以下同)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン