芸能

『鬼滅の刃』宇髄天元は「理想の上司」 フェアな厳しさが魅力

昨年12月に放送を開始した遊郭編が、最終回を迎える (c) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

昨年12月に放送を開始した遊郭編が、最終回を迎える (c) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 昨年12月に放送スタートしたテレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編がいよいよ2月13日に最終回を迎える。2月6日に放送された第10話『絶対諦めない』を筆頭に、遊郭編もたびたび「劇場版レベルの作画」と話題になり、ネット上では〈遊郭編を映画館で観たい〉〈再編集して劇場公開して〉と希望する声が相次いでいる。

 遊郭編の見どころのひとつが、鬼殺隊の音柱・宇髄天元の活躍だ。宇髄は元忍でありながら派手好きな性格で、劇中でも色男扱いされている“公式イケメン”。遊郭での任務において、主人公である竈門炭治郎たちを導く存在だ。3人の妻を抱える宇髄に対して、〈私を4人目の嫁にして〉と黄色い悲鳴を上げる女性ファンも少なくない。

 しかし実は宇髄は、鬼殺隊の主力である“柱”の中で、それほど高い戦闘能力を持っているわけではないようだ。他の柱たちほど才能に恵まれていないのは彼自身も認めるところで、「俺に才能なんてもんがあるように見えるか? 俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」と弱さを自覚するようなセリフを口にしている(もちろん柱である時点で十分すぎるほど強いのだが……)。

「良い上司」と「好かれる上司」は別もの

 ところで、無限列車編の特大ヒットで国民的キャラクターとなった煉獄杏寿郎(※「煉」の字は、正式には「火+東」)は、「理想の上司」としても話題になった。緊迫した状況でも明るさを保ち、炭治郎たち若手を成長させつつも全力で守る。たしかに煉獄の死後も炭治郎たちが彼を慕い続けるのは当然だ。

 しかし、宇髄の“上司力”だって負けてはいない。漫画IP(知的財産のこと)のグローバル展開を目指すダブルエルの代表取締役・保手濱彰人氏は、『鬼滅の刃』のご当地限定グッズも事業で扱うと同時に、同作品のファンを自認している。第一線を走るビジネスパーソンであり、熱心な『鬼滅の刃』読者でもある保手濱氏に、“上司としての在り方”という観点から宇髄の魅力を語ってもらった。

「そもそも『良い上司』と『好かれる上司』とは別ものであると理解しておく必要があります。リーダーシップにも通じる話ですが、チームのみんなに好かれていたところで、目標達成ができず、チーム全体を窮地に陥れてしまうリーダーでは元も子もありません。

『勝てないけれど、仲良しこよしで雰囲気の良いチーム』というのは、学校の部活などではアリかもしれませんが、ビジネスの場ではそうはいきません。結局のところ、利益を上げられずに自分たちの給料も上がらなければ、『何のために仕事をしているんだっけ?』という気持ちになっていくことでしょう。

 それよりも、厳しくても成長させてくれて、かつ成果を着実に出していく上司こそが、職場では理想的といえます。宇髄天元さんはそのような例の代表格といえます」(保手濱氏、以下同)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン