国内

「パパ活女子」が悪意ある人々に食い物にされるケースも増えている

活動するように強要されたそれは「パパ活」だったのか?(イメージ)

活動するように強要されたそれは「パパ活」だったのか?(イメージ)

 家族でも親戚でもない経済的に余裕がある人から金銭的援助を受ける、と聞くと、それは受け取ってよい金なのかと躊躇する。ところが、これが「援助交際」「パパ活」というカジュアルな言葉に置き換えられると、ぐっと身近に、気軽なものに変わる。パパ活をしていたと言われる24歳女性に82歳男性が東京・池袋で殺害された事件をきっかけに、ライターの森鷹久氏が、言葉のカジュアル化で違法な営業活動に取り込まれる人が増えている実態を探った。

 * * *
 あれは本当に「パパ活」だったのか、そんな疑問が今でも消えない。というのも、パパ活というのは女性がみずからパパを募るのが原則だというのに、容疑者の女性が主体的に行ったと思われる形跡が極めて薄いのだ。

 事件は1月21日の夜、東京・池袋のホテルで高齢男性の刺殺体が見つかったことで明るみに出た。翌日には、男性を殺害したとして24歳の女性が逮捕、続けて容疑者を匿ったとして29歳と25歳の兄弟が逮捕され、女性が高齢男性を相手に「パパ活」をしていたと各メディアが報じた。

 数日後には、複数の週刊誌やニュースサイトが、女性に精神疾患の可能性があり、さらに兄弟の1人とかつて交際していたこと、そして「パパ活」が兄弟の指示によって行われていたらしいことを指摘していた。

「パパ活」とは本来、女性がみずから経済的な援助をしてくれるパパのような存在のパトロンを探すものだが、実際には、人に命じられると断れない性質の女性に兄弟がパトロン探しを強要していた、というのが事実のようだ。パパ活というと食事を同席したり、遊園地などで一緒に時間を過ごすなど、基本的に肉体関係を強要しないものとされるが、女性が命じられていたパパ活の実態は、命じられるがまま他人に体を売る、というものだったようだ。

 この女性のように、肉体関係を前提としたパパ活を、第三者に強要されるケースが増えていると明かしてくれたのは、都内で複数のキャバクラ店を経営する野中孝さん(仮名・40代)だ。

「パパ活って言葉、テレビや新聞でも聞くようになったでしょう? あれで売春が一気にカジュアル化した。うちの店で働くキャストの女の子もホストにハマってしまい、売掛け(つけ)を払うためにホストから『パパ活やって』といわれ、実際にやっていました。大きな犯罪に巻き込まれる可能性もあり、かなり厳しく叱りましたが、本人は『パパ活だし』という感じ」(野中さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン