国際情報

緊迫するウクライナは親日国 首都キエフでは「伊勢神宮」の写真展が好評

キエフで開催中の「ウクライナ・日本 心の響き」。伊勢神宮の写真とウクライナの伝統的な景色や情景が描かれた絵画が一緒に展示されている

キエフで開催中の「ウクライナ・日本 心の響き」。伊勢神宮の写真とウクライナの伝統的な景色や情景が描かれた絵画が一緒に展示されている

 ロシアの軍事的圧力により緊張状態が続いているウクライナ。国境周辺地域にロシア軍が集結するなどしており、日本政府もウクライナの在留邦人に避難勧告を出すなど、不測の事態に備える動きも進んでいる。首都キエフ在住の元駐日ウクライナ大使館文化担当のマリア・ペヴナさんは、現地の状況をこう伝える。

「ここ数日かなり緊迫していて、不安でいっぱいです。いざという時にどのように退避すればいいのか考えているところです」

 日本から約8000キロ離れているウクライナは、実は大の親日国としても知られる。小学校では松尾芭蕉の俳句、高校では川端康成の小説『千羽鶴』が教えられているという。

 キエフの国立ウクライナ書籍・印刷博物館では、現在、日本とのプロジェクト・コーディネーター・通訳として活動するマリアさんが企画した、日本ウクライナ国交樹立30周年記念展覧会「ウクライナ・日本 心の響き」が昨年12月から開催されている。コロナ禍、そして非常事態下にもかかわらず、好評のため3月まで延長されることとなったという。

 この展覧会は写真家・稲田美織氏の作品に心酔するマリアさんが3年ほど前から企画し、稲田氏の伊勢神宮の写真とウクライナの著名な画家オレクサンドル・イワフネンコ氏の絵画を同時に展示したものだ。

「今回の展覧会は日本の魂である伊勢神宮の写真とウクライナの伝統的な景色や情景が描かれた絵画を一緒に展示することによって、表面的には異なっていても、根底では通じ合っていることを表現したいのです。稲田さんはニューヨークで9.11を目撃して以来、調和の鍵を探し求めて世界中の聖地を撮影し続け、日本人の心、調和した世界、自然とのつながり、循環共生思想の大切さを発表している。その日本の美しさや魅力は、ウクライナにも通じるものだと確信しています」(マリアさん)

 稲田氏とウクライナとの関係は十数年前に遡る。稲田氏が語る。

ウクライナの電信柱にはコウノトリが巣を作っていた(撮影/稲田美織)

ウクライナの電信柱にはコウノトリが巣を作っていた(撮影/稲田美織)

「当時、駐ウクライナ大使だった馬渕睦夫氏からウクライナを撮影してほしいとのオファーがあり、1か月近く滞在して各地を撮影し、その後も数回訪れました。街の電柱にコウノトリが巣をつくっていたのには驚きましたね。

 キエフから飛行機で1時間くらいのイワノ・フランキフスク州を訪れた時には木造の教会が建っていて、どこか日本と通じるものを感じましたし、昔の人は木を大切にする精神から一生にたった一本の杖だけを作っていた、という話が大変興味深かったです」(稲田氏)

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン